モッチモチで食べ応えも◎「いも餅」の簡単レシピ5選!

みなさん、いも餅をご存知ですか?いも餅を作る地域はいくつかありますが、場所によって使う材料が違う上に、味付けも違うんです。今回は北海道の郷土料理、じゃがいもを使ったいも餅をご紹介!簡単に作れるものから変わり種まで、合わせてご紹介します♪

いも餅ってどんなもの?

いも餅とは、北海道・高知県・岐阜県の郷土料理。北海道のいも餅にはじゃがいも、高知県のいも餅にはさつまいも、岐阜県のいも餅には里芋が使われます。

特に高知県のいも餅との違いは味付けに。高知県のいも餅は餡やきな粉が使われるのに対し、北海道のいも餅はしょうゆやお砂糖などで甘辛く仕上げられるのが特徴です。

基本のいも餅の作り方

じゃがいもは皮ごゆでたら皮をむき、かたまりがなくなるまでしっかりつぶします。冷めてから皮をむいてOK。お塩と片栗粉を加えてよく混ぜ、成型して揚げ焼きにします。

別の鍋にお砂糖とおしょうゆとみりんを入れ火にかけ、お砂糖が溶けたら水溶き片栗粉でとろみをつけ餡を作りましょう。いも餅が焼けたら、餡をかけて完成です。

作るときのコツ

火を通したじゃがいもはしっかりとつぶすのがポイント。かたまりがなくなるまでつぶすことでなめらかな舌触りになります。

また、片栗粉をまんべんなく混ぜることも重要。つなぎにもなる上にもっちりとした食感に仕上がります。片栗粉の量はじゃがいもの水分量によって増減してくださいね。

硬さは耳たぶくらいの柔らかさが理想です。じゃがいもには火が通っていますが、片栗粉が入るので、しっかりと加熱することを心がけましょう。

いろんな味付けで!いも餅の人気レシピ5選

1. 米粉でいも餅

米粉を使った簡単にも餅のレシピ。米粉を使うことでよりもちもち感がアップします。豆乳を加えることでなめらかさもプラスされ、おやつにもおつまみにもピッタリなひと品です。豆乳の量はじゃがいもの水分量で調整してくださいね。

2. 簡単!チーズいも餅

チーズ入りいも餅のレシピ。袋とフライパンだけで作れちゃう簡単レシピです。切ったじゃがいもは袋に入れてレンジで加熱し、袋のままつぶして片栗粉を混ぜるので、洗い物が少なく済みますね。思い立った時に作れちゃうのもうれしいひと品です。

3. ツナいも餅

ツナが入ったいも餅のレシピ。ツナが入ることで満足感がある上に旨味もアップするんです。じゃがいもはレンジで加熱するので簡単に作れちゃいますね。味付けはケチャップなのでお子さまにも大人気間違いなしなひと品です。

特集

SPECIAL CONTENTS