子供も大人も好き♪ アメリカ名物「クラブケーキ」の作り方!

「クラブケーキ」という食べ物をご存知ですか?ケーキと言っても甘くありません。今回はアメリカ東海岸が発祥のクラブケーキの作り方や食べ方などを詳しくご紹介します。簡単に作れてちょっぴりおしゃれ、やわらかジュ―シーで大人も子供も大好きな味ですよ♪

2018年7月18日 更新

アメリカ名物クラブケーキを作ろう!

クラブケーキとは

「クラブケーキ」はアメリカの東海岸、メリーランド州やボルチモアが発祥の料理。ケーキといってもこの料理、実はお菓子ではないんです。カニの身にパン粉やマヨネーズ・卵・玉ねぎなどを混ぜて丸め、揚げ焼きにしたもの。

レストランでは前菜として提供されていますが、屋台ではパン粉をつて揚げ、ハンバーガーのバンズにのせるのが定番です。

気になる味は?

クラブケーキは、かに身のジューシーな旨味が存分に味わえる、いわばカニハンバーグです。パン粉をつけて揚げたものは、カニのメンチカツといったところでしょうか。外はカリッと中はやわらかジューシーでカニの甘みがたっぷり、タルタルソースやマスタード・ケチャップとよく合います。

クラブケーキの基本の作り方

レタスとトマトを添えて、白い洋皿に盛りつけたクラブケーキ

Photo by suncatch

手軽なほぐし身のカニ缶を使って、基本のクラブケーキを作りましょう。今回は、衣なしの混ぜて揚げ焼きにする簡単レシピです。こんがりと焼けば、外はカリッと中は甘くてジューシーで、カニの味がお口いっぱいに広がるおいしさですよ♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS