生酒はデリケート

「生酒」は火入れをしてないため、雑菌が繁殖しやすいデリケートなお酒。アルコールのなかで繁殖できる菌は人体には無害といわれていますが、お酒に入ってしまうと、にごりを生じさせたり、酸化させたり、香りを変化させてしまうことも。 また、火入れをおこなったお酒よりも、温度変化や太陽光などによる変化が大きいのも特徴。そのため、適切な方法で保存する必要がある日本酒なのです。

保存方法

デリケートな日本酒「生酒」は、できるだけ低温で保管するのがポイント。そのため、基本的な保存方法は冷蔵となります。また太陽光などでもお酒の質が変化してしまうので、光の入らない場所で保管するのがおすすめ。また、通常の日本酒よりも早めに開封して、開封後も一般的な日本酒よりもなるべく早く飲むことも大切なことです。

生酒で今夜一杯どうですか?

フルーティでさっぱりとした、女性にも飲みやすい日本酒「生酒」。その特徴や魅力、保存方法をご紹介しましたがいかがでしたか?初心者にもぴったりなおすすめ商品5選も参考にしていただければ嬉しいです♪ 生酒は普通の日本酒が苦手な方でも飲みやすいかもしれません。デリケートなお酒だからこそ味わえる、そのおいしさをぜひ体感してみてくださいね。そのフレッシュな味わいに、生酒ファンになってしまうかもしれませんよ♪
▼こちらの記事もおすすめです
Photos:3枚
生酒で今夜一杯どうですか?
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ