「生酒」って?読み方や原酒との違い・おすすめ5選も

フルーティですっきりとした味わいが魅力の「生酒」。女性にも飲みやすい日本酒です。ここでは、「生酒」の特徴やおすすめの飲み方、初心者にもぴったりな「生酒」5選もご紹介。また、デリケートなお酒「生酒」の保存方法も。ぜひ参考にしてみてください♪

2018年10月25日 更新

生酒って?

生酒ってどう読むの?

「生酒」とは、殺菌のための火入れをしていない日本酒のこと。読み方は、「きざけ」「なまざけ」「なましゅ」と複数の読み方があります。どれが正しいということはなく、どう読んでも間違いではありません。

日本酒や原酒と違うの?

「生酒」は、もろみを搾ったあとに「火入れ」という加熱処理をしていないのが特徴。火入れをしていなければ、加水調整をしたり醸造アルコールを添加していても「生酒」と呼んでいます。

「原酒」は搾った日本酒を水で割らないお酒なので、その点に違いあり。ちなみに、火入れも加水調整もしないお酒は「生原酒」と呼ばれています。

生詰めや生貯蔵との違いは?

「生詰め」とは、お酒を搾ったあとの貯蔵前に火入れをして、瓶詰め時、つまり出荷時には火入れをおこなわない日本酒のこと。通常の日本酒は、貯蔵前と出荷時の2回火入れをおこないます。

しかし「生詰め」の場合は貯蔵前の1回のみ。また「生貯蔵」は、搾ったお酒に火入れをおこなわず、生酒の状態で貯蔵して出荷時のみ火入れをおこなうタイプの日本酒です。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう