さっぱりきゅうりの梅和えレシピ10選。おいしく作る3つのコツも!

さっぱり爽やかな「きゅうりの梅和え」は、夏の暑い日や、油物がメインの日の箸休めにぴったり!簡単に作れる料理ですが、ちょっとしたコツでさらにおいしく仕上げることができます。今回は上手に作る3つのポイントと、おすすめレシピ10選をご紹介。

2018年11月29日 更新

レシピの前に!きゅうりの梅和えを上手に作る3つのコツ

ダシとなる材料を合わせる

きゅうりの梅和えを簡単に作るなら、切ったきゅうりと叩いた梅肉の2つの材料を和えるだけで完成します。それでも十分おいしいのですが、かつお節や昆布などダシとなる材料をひとつでも加えると、いつもの味がワンランクアップ!めんつゆ、白だし、だし醤油などでもOKですが、塩辛くなりすぎないよう注意しましょう。

簡単に作るなら梅肉チューブを

メインに時間をかける分、副菜はパパッと作りたいですよね。きゅうりの梅和えは「切る→和える」の2つの手順で作れますが、梅干しを切るのにはタネを取り除き、梅肉を叩くというちょっとした手間が必要。そこでおすすめなのが梅肉チューブです。絞るだけですぐに使えるので、お弁当にもささっと作れます♪

味を染みやすくするならたたききゅうりで

きゅうりの梅和えは、全く同じ味付けでもきゅうりの切り方によって食感や味に個性を出すことができます。表面積が増えるたたききゅうりは短時間でも味が染みやすくなりますし、拍子木切りはポリポリと歯ごたえのある食感に仕上がりますよ。どのように切るかはお好みですが、作ってすぐにテーブルに出すならたたききゅうりがおすすめです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう