ヒラメとカレイの旬の時期

もっともおいしくヒラメが食べられる時期は、北海道では秋から初夏ごろまで、本州では秋から冬ですが、養殖ヒラメは1年中食べることができます。 カレイは種類によって旬の時期が異なります。マコガレイは7月~10月、マガレイは12月~2月、イシガレイは7月から12月頃までが旬となります。

これで迷うことなく見分けられそう!

いかがでしたでしょうか。どちらも平べったくて色も形もよく似ている魚。大きい方がヒラメ!という見分け方もありますが、小さなヒラメや大きなカレイもあり、どっち?と悩むことも。目の向きも判断材料になりますが、間違いないのはやはり口!口元を見て、ヒラメかカレイか判断しましょう。 刺身などはヒラメ、干物はカレイ、と独自の食べ方がありますが、煮付けやムニエル、唐揚げなどはどちらもおいしくいただけます。旬の時期もチェックして、おいしい白身魚を味わってくださいね。
▼こちらの記事もおすすめです
Photos:2枚
これで迷うことなく見分けられそう!
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ