ひとふりすれば中華風♪ 人気の中華だしとおすすめ活用法10選

時間がないときでも炒めたごはんにひとふりするだけでチャーハンにしてくれるのが中華だし。スープも野菜や肉の炒め物もあっという間に中華風に変身!中華だしひとつあれば済むので、キャンプなどにも便利。時短もしてくれるツワモノです♪

2020年1月15日 更新

3. オーサワの中華だし

ITEM

オーサワの中華だし 徳用 150g(5g×30袋)

¥1,371 ※2018年06月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらは、動物性の素材を使用せず、植物性の食材のみで作られている、めずらしい中華だしです。鶏ガラや豚骨はもちろん、化学調味料や砂糖も不使用。 こだわりの国内産野菜をメインに生姜や香辛料をほどよくブレンドしたスープを顆粒タイプにしてあります。

自家製できる!中華だしの作り方3選

1. 鶏ガラ・中華だし

鶏ガラはスーパーや鶏肉屋さんで安く譲ってくれます。骨付き肉をそのまま入れてしまってもいいですし、お肉は料理に使い、骨だけだし用に煮込むというのも経済的でおすすめです。 製氷器に入れて凍らせておくと、いつでも使えて便利ですよ♪

2. 野菜の中華だし

こちらは、肉を使わず野菜だけでだしを作りたい方におすすめのレシピです。洋風の場合は、セロリを入れますが、中華だしにする場合は、しいたけや舞茸のようなキノコ類を入れると中華風になります。胡椒やごま油を加えればオーガニックな中華だしのできあがり♪

3. 鴨がら・中華だし

※画像はイメージです

鶏に限らず、鴨がらや豚骨、牛すじなどでもだしはとれるんです。生姜やニンニク、ネギ、オイスターソースや胡椒、ごま油などを加えれば中華風のだしにもなりますよ。

中華だしを使った簡単スープレシピ3選

1. 餃子のトマト・サンラータン

餃子を作りすぎて、余ってしまった翌日に作りたいスープレシピです。トマトやお酢を使っているので、暑い季節はさっぱりと食べられ、冬は体の芯から温めてくれるのでおすすめです。 持ち帰り餃子のタレがあれば、それがまた決め手の味にもなりますよ♪

2. 白菜の食べるスープ

白菜たっぷりの食べるスープ。塩ラーメンのような味わいなので、中華麺を加えてもいいかもしれませんね。最後に加えるオイスターソースがスープをより中華風に仕上げてくれます。

特集

FEATURE CONTENTS