簡単ラムレーズンの作り方!材料の選び方やアレンジ5選も

アイスクリームのフレーバーでも人気のラムレーズン。手間がかかりそうなイメージですが、ご家庭で驚くほど簡単に作れるんです♪今回は基本のレシピと材料選び・保存法のポイントをお教えします。活用レシピも一緒に参考にしてみてくださいね。

2018年11月5日 更新

ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

意外と簡単!ラムレーズンの作り方

Photo by suncatch

レーズンのの濃厚な甘さとラム酒の芳醇な香りが魅力のラムレーズン。オイルコーティングされていないレーズンを使えば、ラム酒に漬け込むだけで簡単に作れます。自家製ラムレーズンを常備して、手作りアイスやチョコ、パウンドケーキなどのアレンジを楽しんでみませんか?

材料(ひと瓶分)

Photo by suncatch

・レーズン(植物油脂不使用)……70g ・ラム酒(ダーク)……70~100cc

作り方

1. ビンを煮沸する。

Photo by suncatch

お鍋にビンとふたを入れ、しっかり浸かる分量の水を入れ沸騰後3分煮沸します。

Photo by suncatch

菜箸やトングでビンを取り出します。ビンの中の熱湯でやけどをしないよう気をつけましょう。キッチンペーパーの上に伏せて置き乾燥させます。残った水滴があれば拭きとります。

2. レーズンをラム酒に漬ける。

Photo by suncatch

レーズンをビンに入れます。

Photo by suncatch

ラム酒を注ぎます。

Photo by suncatch

レーズンの表面全部が浸かるまで、ラム酒を注ぎ足しましょう。

3. できあがり

Photo by suncatch

翌日にはラムレーズンになりますが、日がたつほど味に深みとまろやかさが増しておいしくなります。

作るときのコツ

レーズンの選び方

レーズンは、そのまま使える「植物油脂でコーティングされていないもの」をおすすめします。パッケージで原材料名が「レーズン(〇〇産)」とのみ書かれているているか確認しましょう。 オイルコーティングされているもの(原材料名に「レーズン・植物油脂」と表記)を使う場合は沸騰したお湯でさっと茹で、ザルに上げてキッチンペーパーで水分を拭きとります。水分が残った状態で漬けるとカビの原因になるので、しっかりと乾燥させから使いましょう。

特集

FEATURE CONTENTS