ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

ぎんなんの栄養成分

ぎんなんの栄養

ぎんなん100gあたりの栄養素は、たんぱく質4.7g、炭水化物34.8g、脂質が1.6g含まれています。銅とビタミンEが豊富なことでも知られていて、銅は0.25mg、ビタミンEは2.5mgほど。身近な野菜では、かぼちゃよりも豊富です。

ぎんなんのカロリー

ぎんなんのカロリーは、100gあたり171kcalほど。ひと粒あたり6kcal程度です。ごはん(精白米 100gあたり168kcal)と同じくらいのカロリーですが、数粒程度であればあまり気にする必要はないでしょう。

食べすぎに注意!

注意したいのは、一度にたくさん食べると体に毒であるというところ。ぎんなんは、大量に食べてしまうと毒性があることがわかっています。香りがよくてついついつまみたくなってしまいますが、一日に食べる量は大人なら10〜20粒、子どもは数粒程度にとどめましょう。

ぎんなんの下処理の基本

フライパンで殻むきする方法

トンカチやペンチなどを使い、ぎんなんの殻に少し割れ目を入れます。テフロン加工のものは避け、フタをしてフライパンで乾煎りします。火は弱火にし、フライパンを小刻みに揺らしてぎんなんが動くようにしましょう。 殻がはじけ始めたら、火から下ろします。ぎんなんの粗熱が取れたら、殻を剥いて実を取りだします。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS