ターメリックを活用!気になる特徴や効能&おすすめレシピ5選

インド料理でよく使われているターメリック。一度買ってみたけれど、使い道がよくわからず……そのままになっていたりしませんか?今回はターメリックの持つ魅力や料理での使い方、さらにおすすめの活用レシピを5選ご紹介します。

ターメリックは意外と身近なスパイス!

ターメリックはショウガ科ウコン属の多年草の根茎。インド、インドシナ半島、熱帯アジアが原産地で「しょうが」によく似た形をしていますが、しょうがの風味や辛みはまったくありません。日本では沖縄や屋久島で栽培され「秋ウコン」や「うっちん」などと呼ばれています。

成熟した秋ウコンの根茎を収穫後、ゆでてから皮をけずり、乾燥させることで、鮮やかなオレンジ色の根茎が黄金色に変わります。それをパウダー状に粉砕したものがターメリックです。

ターメリックの特徴と効能

味と香り

わずかにスパイシーな芳香を持ち、やわらかみのあるほろ苦さを感じつつも後味は爽やか。基本的には色付けするためのものですが、インド料理などは、ターメリックが入っていないとどこか物足りないような仕上がりになります。

料理にスパイスを多用するインドでは、私たち日本人にとっての味噌や醤油のように、主要スパイスとしてさまざまな料理に欠かせない調味料なんです。

鮮やかな黄色

黄色い色素成分クルクミンは、水に溶けず油溶性の性質のため、油類と一緒に使うと色がなじみやすく、食材を鮮やかに色付けることができます。華やかに色づいた米、肉、魚、野菜料理やスープは、おもてなし料理にもぴったり!パエリアを作るときも、高価なサフランの代用品として手軽に使えます。

また、クロスや洋服などにこの黄色いシミをつけてしまったときは、水または石鹸で軽く洗い、日に当てることで色素成分が分解され、きれいに落とすことができますよ。

効能

ターメリックに含まれる「クルクミン」という成分は、免疫を向上させる働きがあるので生活習慣病の予防が期待されます。また、クルクミンには抗酸化作用もあるので、お肌のシワやくすみを改善してくれるとも言われています。

ターメリックの使い方

ターメリックは先ほどご紹介した通り、風味や色付けするためのもの。料理に活用する場合は少量ずつ入れることがポイントになります。あまり入れすぎてしまうと、苦味が強くなりせっかくの料理が台なしになってしまうので注意してくださいね。

ターメリックを使った定番の料理

ターメリックといえば、まず思い浮かべるのは、「ターメリックライス」ではないでしょうか。鮮やかな黄色が特徴的で、ほんのりとスパイスの香りが広がるインド料理に欠かせないお米ですね。カレーやパエリアに使われていることが多いですね。

お魚やお肉との相性も抜群で、ターメリックを揉み込んでソテーしたり、フライにしてもおいしくいただけますよ。またスープやお漬物などさまざまな料理に活用されています。

ターメリックを使った人気レシピ5選

1. ターメリックライス

炊飯器にバター以外の材料をセットして炊き上げるだけ。仕上げにバターを混ぜれば、コクのある絶品ターメリックライスの完成です。お好みでレモン汁を足すことで、炊きあがりも爽やかになりますよ。カレーやシチュー、お肉やお魚料理のつけあわせにぴったり!

2. 具だくさんなターメリックスープ

スパイスを使い、野菜たっぷり入れた鶏肉のスープ「ソトアヤム」。日本人好みの味わいのインドネシア料理で、身近な食材でとても簡単に作ることができますよ。具だくさんなので、食べごたえ抜群!さっぱした味わいながら、複雑に合わさったうま味とライムの酸味、スパイスの風味がくせになります。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mayka923

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう