納豆こんぶのおすすめの食べ方と簡単アレンジレシピ3選

ネバネバとした食感のこんぶ「納豆こんぶ」が注目されています。食感も楽しく栄養も豊富らしいのですが、どんな特徴や栄養があるのでしょうか。おすすめの食べ方と併せて通販でお取り寄せできる3選とアレンジレシピ3選をご紹介します。

納豆こんぶとは

納豆こんぶの特徴

納豆と昆布を混ぜたものではなく、「真昆布」と「がごめ昆布」を細切りにして乾燥させたものなんです。がごめ昆布は、北海道の道南地方で収穫される粘りの強い昆布で、とろろ昆布の材料としても使われています。

乾燥させたがごめ昆布に水が加わることで、納豆のようなネバネバとした粘りがでます。しっかり乾燥することで、次に水を含んだ時に強い粘りが出るようになるそうです。

納豆こんぶの栄養成分

納豆こんぶのネバネバにはミネラルがたっぷり含まれます。普通の真昆布をたくさん食べることは少し難しいですが、ネバネバとした食感の納豆こんぶであれば、スルッと一度にたくさんとれますよね。

食物繊維も豊富なのが特徴で、ゴボウの6倍も含まれているんですよ。

納豆こんぶのおすすめの食べ方

水に漬けて粘りを出した後は、ポン酢をかけていただくのがおいしいですよ。シンプルな食べ方ながら、昆布の旨みとネバネバ食感がしっかりと感じられる食べ方です。

ごはんを食べたいという方でしたら、醤油と煮切ったみりんで味付けして、あつあつのご飯にのせていただくのもおいしくいただけます◎

ネバネバが好きな方なら、納豆と一緒に混ぜてしまいましょう◎ネバネバ感がアップ、薬味ねぎを少し加えれば風味もよく、そのままいただいてもご飯にのせていただいてもおすすめですよ。

納豆こんぶのお取り寄せ3選

1. サイズ感がうれしい「がごめ昆布入り納豆昆布」

昆布をわざと粗く削る事ことによって、歯ごたえのある食感が楽しめるひと品です。北海道の海でとれた国産の昆布が使われているのがうれしいですね。30gと少なめなので、初めての方や試してみたい方におすすめですよ。

2. 添加物不使用「がごめ納豆昆布」

独自の製法で細切りにされた納豆こんぶは、水に戻した時のネバネバ感も抜群です。化学調味料をはじめ添加物が一切含まれないのもうれしく、お子さんにも安心して食べてもらうことができますね。

3. たっぷり1kg「特上 がごめ昆布 細切り」

糸のように細く切られた納豆こんぶは、水に浸かるとねばねばが特によく出るんだそうです。透き通る粘りをご堪能ください。特上品の納豆こんぶは、1kgと多めですが、保存に便利なチャック付きの袋なので安心ですね。

納豆こんぶのおすすめレシピ3選

1. 刻み昆布と納豆の和え物

だし汁につけて戻した納豆こんぶは、旨みがぐんとアップ!ネバネバの納豆を加えてさらに食感を楽しみましょう。ごま油が入るので香りもよく、ごはんに合わせるのもおすすめです。七味唐辛子で風味よく、ピリッと刺激でビールにも合います。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう