自宅でできる簡単なくるみの割り方!道具を使う・使わない方法を伝授

コツもなしに手で割るのは難しいくるみ。ちょっとやそっとの衝撃では絶対に割れないので、食べるのに苦労している方も多いのでは?ここでは、道具を使わずに素手で割る方法から、手間をかけてでも確実に割る方法を紹介しています。参考にしてみてください。

くるもの割り方1. 乾煎りして割る

何の道具もなしに手で割るのは困難なくるみ。まずは、専用の道具がない場合、家でできるくるみの割り方を紹介します。ここで紹介する乾煎りの方法は、その他の方法の下準備としても使える方法なので覚えておくと便利です。

割り方

まず、硬いくるみの殻をやわらかくするための下準備が必要です。くるみを乾煎りする前に、ひと晩ほど水に浸けておきましょう。くるみの殻を割りやすくするためには必要な工程です。

水に浸けてやわらかくなったら、水気をきってフライパンで乾煎りしましょう。このとき油を引く必要はありません。しばらく行っていると、胡桃のとじ目にちょっとだけ隙間があいてくるのが確認できると思います。それが火を止める合図です。火からおろして十分に冷ましましょう。

乾煎りして殻に隙間ができても、これだけではまだ簡単に開きません。家にあるマイナスドライバーなどを隙間に差し込み、金槌でたたいて割りましょう。この開け方は包丁でも代用できます。包丁の刃を隙間に差し込み、背の部分を思い切りたたくと割れます。

くるみの割り方2. 道具を使う

くるみの殻を割る道具といえば、くるみ割り器ですよね。くるみを割るための道具なので、ほかの方法よりもストレスなく簡単に割ることができます。安いものでは、100円ショップでも手に入るので、あまりこだわりがない場合はそれを選ぶのがおすすめです。

くるみ割り器の形状は、ペンチのようなものからハンマータイプのものなどさまざま。下処理していないくるみでも簡単に割りやすい道具なので、くるみを食べる機会が多い方はひとつ持っておいて損はありません。

割り方

割り方はものによってさまざまです。ペンチタイプのものでは、だいたいくるみの殻のつなぎ目に刃の部分をそわせて、ぎゅっと持ち手を握るだけで割ることができます。

ほかにも、ばねの力を利用して腕力に頼ることなく簡単に割る道具などもあります。

手で割る方法は?

和くるみなら素手やハンマーで

和くるみは外来のくるみよりも小ぶりですが、硬いことで知られています。何の知識もなしに手で割るのは難しいですが、コツさえつかめば素手で割ることも可能。

素手で割る場合、できるだけやわらかい状態にするために水に漬けておいたものを使用しましょう。まずふたつのくるみを用意したら、ひとつめのくるみのつなぎ目(いちばん硬いところ)と、ふたつめのくるみのつなぎ目の横あたり(いちばんやわらかいところ)を重ねてにぎります。あとは両手でぎゅっと力をこめてにぎるだけ。やわらかいほうのくるみが割れます。

そのほか、金槌などで割ることもできます。この場合、乾煎りして割る際の手順と同じです。

鬼胡桃の殻は硬いので難しい

和くるみのなかでも、鬼胡桃は特に殻が硬いことで知られています。これは素手で割るのはとても難しいため、専用の道具を使って割るのがいちばん簡単で失敗がありません。くるみ割り器を使うか、乾煎りしてから道具を使って割るようにしましょう。

くるみの実の取り出し方

硬いくるみの殻を割ったら、それですぐ食べられるわけではありません。くるみの殻から実をていねいに取り出す必要があります。

簡単なように思えますが、これが意外と手間のかかる作業。くるみの実は複雑な形状をしており、きれいに取り出すのはちょっと難しいです。細かく砕けないようにきれいに取り出すなら、アイスピックのような道具を使ってつつきながら取り出しましょう。

くるみの上手な保存方法

殻を割る前

くるみを長期保存する場合、殻を割らない状態がベストです。殻ごと保存するなら1から2年は軽く保存できるので、味や品質を損なわないまま置いておけます。

殻ごと保存する場合、風通しのいい冷暗所で保存するようにしましょう。特に冷蔵庫や冷凍庫に入れておく必要はありません。

ただ、長期間保存できるからといって何年も放置しておくと劣化してしまいます。数年は大丈夫ですが、おいしく食べられるかどうかは殻を割ってみて確認しましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう