2. 五角形の下辺と右下辺を作る

最初に折りたたむ角度や長さで、五角形の下辺部分と右辺の下部が決まります。

3. 左下辺と上の右辺を作る

次に左側の長い部分を、右上方向におりたたみます。五角形の左下辺が見えてきましたね♪ 角度や長さは"五角形の手順2"で作った、右下辺と合わせるときれいになりますよ。

4. はみ出た部分を中に差し込む

あとは五角形の形を維持するように、はみ出た部分を中に差し込みましょう。ちょっぴり個性的な五角形が完成しました!

たたんだレジ袋の収納アイデア5選

1. 四角いレジ袋は立てて収納

四角くたたんだレジ袋は、"立てて収納"がポイント。重ねるように寝かせてしまうと、どんな柄のレジ袋かがひと目で分かりにくくなります。使っていない引き出しや、要らないお菓子ケースの箱に並べれば、ほしい柄のレジ袋がすぐにとりだすことができます。

2. 早さと実用性ならクリップでパチッと

1番早く簡単な「四角」でたたみ、更にサイズが違うレジ袋もひと目で分かる収納方法がこちら。サイズ別や柄別にクリップで止めるだけで、使いたい時も見つけやすいですね。

3. ティッシュケース収納はインテリアとしても◎

ティッシュケースを冷蔵庫に貼り付け、中身には四角くたたんだレジ袋をセット。これなら急いでいるときでも、片手でさっと取り出すことができます。ケースを好みのものにすれば、インテリアとしてもかわいくできちゃう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ