主婦直伝!簡単なレジ袋のかわいいたたみ方3選

簡単かわいいレジ袋のたたみ方をレクチャー!サッとできちゃうたたみ方さえ覚えれば、場所をとらずにかわいく収納できますよ♪ 1番簡単で早い四角のたたみ方からかわいい五角形まで、たたみ方の手順&おしゃれな収納方法をご紹介していきます。

レジ袋はたたんで収納が便利!

スーパーに行って帰ってくるたびにたまり続ける「レジ袋」。適当に丸めて押し込んでいると「大きいサイズのレジ袋どこ?」なんてよくありますよね。いざ使いたくなった時のために、レジ袋を"サイズ別"にたたむことができれば、とっても便利なんです♪

レジ袋のたたみ方1「四角形」

まずは1番簡単な「四角形」におりたたむ方法です。単純に半分におりたたむことを繰り返していくだけなので、早さを求めるなら四角がおすすめ♪

手順

1. 空気を抜いて平らにする

どの形を作る時も中に空気が残っていると、完成に近づくほどたたみにくくなっていきます。しっかりと空気を抜いた状態から、レッツスタート!

2. 横半分におりたたむ

おりたたむ回数を減らしてスピーディーにするために、まずは横半分におりたたみましょう。

3. 縦半分に2回おりたたむ

縦に半分、さらに半分にした状態がこちら。持ち手のひらひらした部分は、半分におるときに中に入れておけば綺麗に作れますよ。

こちらの「長方形」の状態までは、三角形や五角形を作るときも同じ流れになります。何度も使う形なので、是非覚えておいてくださいね。

4. たたんで差し込む

最後に四角形になるように1回おりたたみ、残った端部分を中に差し込んだら完成!

レジ袋のたたみ方2「三角形」

おにぎりのような「三角形」にするたたみ方です。途中までの工程は同じで、最後の仕上げが変わるだけ!案外かわいらしく簡単にできるので、さっそく始めていきましょう。

手順

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう