ライター : manaminmin

4姉妹のお母さんをしながらライターをしています。美容・育児・ヘアスタイルなど幅広く執筆中。

レジ袋はたたんで収納が便利!

スーパーに行って帰ってくるたびにたまり続ける「レジ袋」。適当に丸めて押し込んでいると「大きいサイズのレジ袋どこ?」なんてよくありますよね。いざ使いたくなった時のために、レジ袋を"サイズ別"にたたむことができれば、とっても便利なんです♪

レジ袋のたたみ方1「四角形」

まずは1番簡単な「四角形」におりたたむ方法です。単純に半分におりたたむことを繰り返していくだけなので、早さを求めるなら四角がおすすめ♪

手順

1. 空気を抜いて平らにする

どの形を作る時も中に空気が残っていると、完成に近づくほどたたみにくくなっていきます。しっかりと空気を抜いた状態から、レッツスタート!

2. 横半分におりたたむ

おりたたむ回数を減らしてスピーディーにするために、まずは横半分におりたたみましょう。

3. 縦半分に2回おりたたむ

縦に半分、さらに半分にした状態がこちら。持ち手のひらひらした部分は、半分におるときに中に入れておけば綺麗に作れますよ。 こちらの「長方形」の状態までは、三角形や五角形を作るときも同じ流れになります。何度も使う形なので、是非覚えておいてくださいね。

4. たたんで差し込む

最後に四角形になるように1回おりたたみ、残った端部分を中に差し込んだら完成!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS