野菜室は仕分けて整頓!「紙ぶくろ収納」の3つのメリット

野菜室の収納に困っている、という声をたびたび耳にします。買ってきた野菜を放り込むだけではゴチャゴチャになってしまいますよね。そんな野菜室の整理に「紙袋」が役立つってご存知ですか? 今回は「紙袋」を使った、おしゃれな野菜室収納をご紹介します。

2018年9月11日 更新

野菜室の整理は「紙袋」がおすすめ

みなさんは野菜室の収納や整理、どのようにしていますか? 野菜って丸いものや長いもの、固いものや柔らかいものなど、いろいろな形状があって整理が大変ですよね。気がつけば野菜室の中で野菜がグチャグチャになっていた……。という経験がある方も多いのでは?

そこで今回は、紙袋を使った、おしゃれで使い勝手のよい収納アイデアやメリットをご紹介します。

紙袋収納とは?

野菜室の"紙袋収納"とは、野菜や果物を紙袋に入れたまま、冷蔵庫の野菜室に入れること。紙袋の使い方次第で、野菜室が驚くほどきれいに整理できるんです。そんな紙袋収納にはメリットがいっぱいあると、いま、主婦の間で話題になっているんですね♪

まずは、使い勝手のよい収納袋の作り方からご紹介しましょう。

収納紙袋の作り方

お店などでもらった紙袋をそのまま使うのは、持ち手部分が邪魔になったり、強度が弱いのでおすすめできません。持ち手を切り取り、上部を外側か内側に折り曲げたら完成です。

丈夫になるだけでなく、高さの調節もできて一石二鳥ですよ。最近は100円ショップなどで丈夫な紙袋が販売されているので、それを使うのもいいですね。

それでは、収納アイデアとともに、紙袋収納のメリットを見ていきましょう。

紙袋収納の3大メリット

1. 仕切りができるので整頓できてひと目で分かる

さまざまな形の野菜をすっきり収納するためには、種類別に分けることがポイントです。同じ種類の野菜をまとめてひとつの紙袋に入れ、そのまま野菜室へ。

最大のメリットは、"紙"なので、野菜の形に合わせて袋の形を変えられること! 無駄なスペースがなくなるので収納力も増します。なにより、仕切りができて見やすいので、野菜の在庫が一目瞭然! 野菜室の底で、忘れ去られた野菜がグチャグチャになっていた……。なんてことがなくなるでしょう。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう