キッチン収納にはブックスタンド!上手に使いこなす5つのテク

「ブックスタンド」は、本を整理するためのものですよね。でも実は、それ以外にもとっても便利な収納術があるんです!今回は「ブックスタンド」をどのように使うとキッチンがすっきりするのか、5つのテクニックをご紹介します。

ブックスタンドでキッチンが整理整頓できる

「ブックスタンド=本を整理するもの」と、常識にとらわれている人は多いですが、実はそれ以外にも活用術があるんです!特にキッチンをきれいにするのに便利なアイテムで、雑然とした食器まわりなどがすっきりとします。

もちろん、ブックスタンドは特別なものではなく、100均などで売っているリーズナブルなものでOKです。今回は、目からウロコのブックスタンド活用術をご紹介します。

美キッチンを作るブックスタンドの活用術

1. ストックが見やすくなり無駄買い防止に!

"パスタや小麦粉、アルミホイルなどのストックなどは、引き出しにまとめておく"という人は多いもの。しかし引き出しにたくさん入れられるのはいいけれど、中身が重なるにつれて残りがあるのにも気が付かず、無駄にストックを買い込んでしまった経験もあるのではないでしょうか。

そんな失敗を避けられるのが、この収納術。ブックスタンドでスペースを細かく分けて、縦に重ねるのではなくひと目でなにが入っているかわかるようにしてみてください。常にストック状況が明確になりますよ。

2. トレーの収納場所が半分以下に

シンプルな形のブックスタンドを、手前側と奥側に2つ重ねて置いています。すると、トレーを立てかけてもきちんと自立してくれるんですね。

意外と場所を取る、厄介なアイテム「トレー」。縦に置くだけでこれまで使っていた収納スペースを半分以下にすることも可能です。また、こちらの画像のように吸盤を取り付けて輪ゴム置き場も作ると一石二鳥♪

3. キッチンタオルが取りやすくなる

かわいいキッチンタオルを買ったものの、ついつい手前にあるいつもの数枚をヘビロテしていませんか。ブックスタンドで仕分けすることにより、どのタオルも手に取りやすくなります。

食器を拭くふきんと台ふきを分けるなど、カテゴリ別に収納するのにも大活躍。大きさ別や素材別に分けるのもお手の物です。

4. 上手な目隠しで生活感をなくして

キッチンはどうしても生活感が出てしまい、なかなかおしゃれにまとまらないですよね。洗練された雰囲気を出すには、コードや調理家電の裏側を隠すこと。ブックスタンドはそんなときにも活躍します。

すのことブックスタンドを使えば温かみが演出でき、キッチンとの相性もいいですね。4つを等間隔に置くことで、整然とした印象になっています。

5. ブックスタンドも大活躍

ブックスタンドだけでなく、ブックスタンドもキッチンの整理に役立ちます。このようにフライパンやお鍋、そのふたをきれいに並べることで、使い勝手がよくなります。

重いフライパンを重ねると、取り出しにくくてどんどん使わなくなってしまうもの。こうやってきれいに並べればすぐに使えて、料理のレパートリーも増えそうですね。

キッチンの収納がパワーアップ♪

キッチンがきれいだと、料理をするのが楽しくなりますよね。それに、無駄買い防止にもなるもの。整理整頓がなかなかできない方は、ぜひブックスタンドを使ってみてください。上手に利用して、楽しく賢く収納しましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS