ストレスフリーなキッチンシンク下収納コツまとめ♪ 扉でも引き出しでもOK

いつでもスッキリきれいに見せたいキッチン。ですが、表面的にはきれいなのだけど、キッチンシンク下の収納は乱雑という人もいるのではないでしょうか。今回は、引き出しタイプと扉タイプのキッチンシンク下収納のコツをお届けします。

2018年5月18日 更新

開け方がポイント!キッチンシンク下収納のコツ

pinit

pinterest like count 1762

キッチンには引き出しタイプと扉タイプの収納があります。引き出しタイプは上からの視点、扉タイプは正面からの視点になるので、それぞれ収納の仕方が異なります。今回は引き出しタイプ、扉タイプそれぞれの収納のコツをご紹介します。

引き出しタイプ

引き出しタイプのシンク下収納のコツは「仕切ることが鉄則」

仕切りをキチンとつけて収納する物は水物がオススメです。鍋やボウル、こまごまとした調理器具やキッチンの掃除用具や漂白剤などもシンク下の引き出しに収納しましょう。

お子さんのいるご家庭は洗剤の管理に気をつけてくださいね。

扉タイプ

扉タイプのシンク下は、何が一番困るかというと、やはりキッチンの蛇口に繋がれた排水管。この排水菅でスペースをうまく活用できないという人もいるのではないでしょうか。

扉タイプの場合、高さと奥行きをどう生かすかがポイント。重たいものや長さのある物を余裕を持って置きましょう。

また、高さと奥行きを有効活用してゴミ箱を収納することもできます。使いたいものをさっととり出せるストレスフリーな収納を心がけてください。

引き出しタイプのシンク下収納

食器収納

湿気のたまりやすいシンク下の食器や食品収納は注意してください。気がつかない間にカビが……なんてことにならないように。

食器を収納する場合は、余裕を持ってあまり詰め込みすぎ、重ねすぎないことがポイントです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう