ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

キッチン周りをスッキリ&おしゃれに!

キッチンは限られたスペースながら、料理や掃除、収納という生活の中での必要な要素を一気に担う場所です。快適に使うには、上手な収納が基本になってきます。けれど、収納やお片づけが苦手……という人もいるはず。そんなときにはキッチンにまつわる便利グッズや収納術、DIYでアレンジ、自分好みの使いやいキッチンを作ってしまいましょう!

キッチン周りをスッキリさせるコツ

出しておくものと収納するものを決める

スッキリとしたキッチンを使いたいという人は、まず出しておくものと収納しておくものを決めるようにしましょう。出しておくものは、料理をするときには毎回使うお鍋やフライパン、ボウルや調味料といった作業の手を止めずにサッと取り出したいものたち。収納棚にスペースがない!といったときにも、デッドスペースに棚やワイヤーネットを設置したり、壁を使った吊り収納で空間を上手に使って収納すると使い勝手がよくなります。

デッドスペースを有効活用

キッチンのデッドスペースは、L型キッチンのコーナー部分やコンロ周りの壁、シンクやコンロ下の収納棚の扉などに生まれやすいスペースです。このスペースを有効に使えると、既存の収納棚にスペースがないという人も工夫次第で収納を無限に手に入れることができます。

キッチンアイテムを買い足すなら同じメーカーで

キッチンで使うお鍋やフライパン、ボウルやバットなどは同じメーカーのものを使うと重ねて収納しやすいのでおすすめです。キッチンアイテムを製造しているメーカーの中には、キッチンアイテムをセットで販売しているところがあるので、収納にお困りの方はセット商品を購入してみるのもアイデアのひとつです。

仕切りが大切!引き出しの収納アイデア7選

1. ゴミ箱&掃除道具を引き出しに収納!生活感を排除

シンク下の大きな引き出しにゴミ箱、清掃道具を収納したアレンジ。ゴミ箱はどうしても生活感を出してしまうアイテムなので、隠したり、収納できるとキッチンやダイニングの雰囲気を変えることができます。引き出し内をファイルボックスできれいに仕切っているので、清潔でまとまった印象です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS