おしゃれに見せる収納のアイデア7選

8. 100均グッズでシンデレラフィットを実現

100均のインテリアボックスを壁にくっつけて、スパイスボトルを収納したおしゃれなアレンジ。インテリアボックスとスパイスボトルのサイズがぴったり合うシンデレラ・フィット!同じメーカーのものを購入することのメリットですね。どこになにのスパイスがあるか一目でわかるので、調理中に手を止めて探すということをせずに済みます。

9. ディスプレイ収納で見せておしゃれに収納

キッチンで使うものを隠さずに見せる収納は、北欧風のキッチンコーディネイトの方法の一部です。不ぞろいであっても色味や形がいいものをインテリアのように並べると、それだけでおしゃれ!自分の持っているおしゃれなお鍋や食器などを、ディスプレイ収納棚に並べてみるだけのかんたん収納アレンジです♪

10. デッドスペースに電化調理器具と吊り収納でスペースを有効活用!

L型のキッチンや壁にくっついている形のキッチンは、コーナーの部分にデッドスペースが生まれやすく、スペースを有効に使えない原因になる場合があります。手が届きづらく、掃除もしにくいので、どんなものを置いたらいいか悩みますよね!そういった箇所には、毎日使って動かす必要がない電子レンジやトースター、コーヒーメーカーなど電化調理器具を置いたり、吊り収納を用意して吊るせる道具を収納してみましょう。

11. ないなら作っちゃおう!DIYでできる収納棚

住んでいるお家のキッチンに収納棚が足りない!スペースはあるけど収納できる棚がない、という方は、DIYでセルフリノベーションにチャレンジしてみるのはどうでしょうか?カウンター部分を仕切ったり、ガラス棚をはめるとカフェのようなおしゃれな雰囲気に!本格的なDIYに自信がないという人は、突っ張り棒とワイヤーネット、メタルポールを組み合わせてシンプルな壁収納を作ることもできます。DIYできると、自分が欲しいと思っているサイズのものや、デッドスペースに合わせたものを作ることができます。

12. 粉や液体は、見える容器で保存するとおしゃれで使いやすい

小麦粉や砂糖、お塩といった粉類は保存用瓶や容器に入れて保管すると、どのくらい残っているのかがわかって使いやすい上に見た目もよく、見せる収納としても使えるアイデアです。容器外にはネームシールを貼って、なにが入っているのかわかるともっと使いやすいですね!

13. カウンターのニッチ使用で、小さなものをディスプレイ収納

カウンターのまわりを活用した、見せる収納。カウンター下に収納棚や机を置いてアレンジするやり方もありますが、既存のニッチ(壁面を凹めた部分)を利用、ディスプレイ棚や見せる収納としてアレンジするのもあり!どこに置くのがいいのかわからない小物や置物、レシピ本などを置いておくとまとまりがよくなります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ