「キャビア」の食べ方って?上品にいただく活用レシピ11選

高級食材のひとつであるキャビアを、せっかく食べるなら一番おいしい方法で味わいたいですよね。ここでは、キャビアのおすすめの食べ方をたくさんご提案します。パンにもパスタにも相性抜群のキャビアをぜひ堪能してくださいね。

2018年10月22日 更新

世界三大珍味のひとつ!キャビアのおいしい食べ方は?

世界三大珍味のひとつであるキャビアは、チョウザメの卵を塩漬けにした食品です。魚臭さは感じられず、舌ざわりなめらかで濃厚な旨みとプチプチとした食感が特徴的ですよ。ただ、塩漬けされたものなので、しょっぱいと感じられる方がほとんどです。そのままで食べるよりも、クラッカーやバケットなどにのせて食べるとよりおいしく感じられますよ。

ブリニにのせて

ブリニとはロシアのパンケーキのことです。パンケーキと言っても甘くはなく、そば粉の香ばしい香りを楽しむことのできるパンなのですよ。ブリニと一緒にキャビアを食べれば、キャビア独特のプチプチとしたおいしい食感と塩みをしっかりと楽しむことが味わうことができるのです。

クラッカーと一緒に

素朴な味わいのクラッカーと一緒に食べれば、キャビアの塩みがいいアクセントになってとってもおいしく食べることができますよ。日本人にとって一番馴染みのある食べ方かもしれませんね。サクサクとしたクラッカーとプチプチ食感のキャビアのコラボレーションがクセになりますよ。

パスタに添えて

独特な香りと味わいをもつキャビアは、パスタとの相性もいいですよ。塩みや旨みをプラスしてくれるキャビアは、トマトパスタにもクリームソースパスタにもおすすめです。艶やかで発色もいいので、一気に見た目も華やかになりますよ。シンプルな味付けのパスタもキャビアひとつで味わい深いひと品に。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ayuren

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう