牛乳かんの簡単レシピ!みかん入りやフルーツ添えも

牛乳を使ったお菓子はたくさんありますが、“牛乳かん”というとどこか懐かしくノスタルジックなイメージ。学校給食を思い出す方も多いのではないでしょうか。今回はそんな牛乳かんについて、基本のレシピから人気アレンジレシピまで幅広くご紹介します!

牛乳かん(牛乳寒天)の基本の作り方

牛乳寒天

Photo by soleil

甘みのついた牛乳の優しい味わいと、つるんとした食感がおいしい牛乳寒天。サッパリとした味わいで、おやつにも食後のデザートにもぴったりです。カロリーは1人前約97kcalで、やや低め。砂糖を低カロリー甘味料に替えればさらにカロリーダウンできますよ。

材料(4人分)

材料(4人分)

Photo by soleil

牛乳  350ml   
水   150ml
砂糖  40g
粉寒天 4g

※牛乳は室温に戻しておいてください。
※やわらかい食感がお好きな方は、牛乳の量を100ml程度増やしてください。

作り方

作り方

Photo by soleil

鍋に水と粉寒天を入れて加熱します。木べらで混ぜながら、寒天を完全に溶かしてください。
作り方

Photo by soleil

寒天液が沸騰したら弱火にし、砂糖を加えて溶かします。砂糖が完全に溶けたら火を止めます。
作り方

Photo by soleil

牛乳を加え、よく混ぜ合わせます。
作り方

Photo by soleil

バットなどに静かに流し入れます。泡が気になる場合は、つまようじやペーパータオルなどを使って取り除いてください。

作るときのコツ

棒寒天を使ってもOK!

今回は粉寒天を使ったレシピをご紹介しましたが、もちろん棒寒天を使っても作ることができます。その場合は、粉寒天の倍量8gを使用しますが、その分食物繊維も多くとれますよ。

作り方は、まず棒寒天を2時間程度水に浸けておき、やわらかくなったら細かくちぎって水気を絞ります。その後鍋に分量の水と寒天を入れて火にかけ、木べらでかき混ぜながら寒天が透き通るまで煮溶かしてください。

その後は、同じように砂糖と牛乳を加えれば、棒寒天を使った牛乳寒天の完成です。

ゼラチンで簡単に固める方法も

寒天の替わりにゼラチンを使ってもOK!おいしい牛乳ゼリーが簡単にできますよ。

分量は、牛乳500mlに対し、粉ゼラチン10gを使用します。作り方は、牛乳を沸騰しない程度に温めて、そこへ粉ゼラチンを振り入れて溶かすだけ。あとは砂糖を加えて冷やし固めれば完成です。

水を使わず、100%牛乳だけで作れるので濃厚なおいしさです。また、寒天とは異なったやわらかくてプルンとした食感も楽しめますよ。

みかん入りのアレンジが人気♪

みかん入り牛乳かん

Photo by soleil

牛乳かんのアレンジとして1番おすすめなのが、みかんを加えるもの。生のみかんを使ってもいいですが、缶詰だと手軽で薄皮もないのでおすすめです。

牛乳かんの味わいと、みかん缶特有の食感と風味がとってもよく合いますよ。型に流し込んだ時点でみかんを加えるだけでOKなので、手軽にアレンジレシピが楽しめますね♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう