天津飯を作るときのポイント

火加減を調節する

こちらのレシピでは、レンジを使っていますが、フライパンを使ってあんを作るときは、火加減に注意してください。卵や片栗粉は一気に火を通すと、すぐに固くなってしまいます。火加減を調節をしやすいように、料理初心者なら弱火から中火の状態がおすすめ。ゆっくりと慌てずに、作りましょう♪

卵はふわふわを意識!

卵は耐熱容器の形に固まってしまうので、適当な大きさのものを使用してください!またレンジによって加熱時間が変わってくるので、様子を確認しながらお好みの固さに仕上げてくださいね。

あの人気店の味も!天津飯のおすすめアレンジレシピ5選

1. 王将風!あんだく天津飯

人気中華料理店「餃子の王将」の天津飯を再現したレシピです。シンプルですが、あんがたっぷりかかっているので、最後までうま味たっぷりな天津飯を味わうことができますよ!お酢を使用しない関西風の食べやすいひと品です。

2. 塩ダレさっぱり天津飯

塩味ベースの天津飯です。鶏がらスープや生姜の味わいでさっぱりしたひと品。ふわふわの卵やアツアツごはんとマッチしますよ!仕上げに、ネギやカニカマをトッピングすることで彩りもよくなり、食欲アップ。甘酢が苦手なかたにおすすめのひと品です。

3. だしの風味広がる、和風天津飯

天津飯といえば中華料理ですが、材料をちょっとアレンジすれば和風料理に大変身!材料にいれたしいたけの出汁が全体に広がり、とても落ち着いたお味になっています。最後に三つ葉をちらして、さっぱりといただきましょう。

特集

FEATURE CONTENTS