太りにくい焼肉の食べ方7カ条

お肉と言えばやっぱり焼肉!ジュージュー焼ける肉を目の前にすると、腹八分目に抑えることは厳しいですよね。キムチやナムルなどの野菜料理や魚介類などを、賢く選べばダイエット中でも怖くありません!今日は焼肉屋さんで実践したい7ヵ条をご紹介します。

2018年6月5日 更新

まずは”食べ過ぎる”原因を知っておこう!

まずはじめに「食べ過ぎる原因」を把握することが大切です。食べ過ぎる原因は、以下のようなものがあります。心あたりがあるなら、頭に入れておきましょう。
・ついつい多く注文してしまう
・肉をつまみながら、お酒を飲みすぎてしまう
・ご飯がすすんでしまう
・食事のしめにビビンバやクッパなどご飯ものを食べてしまう
・デザートにアイスを食べてしまう
原因がはっきりしたら、改善方法が見つかりますね。食べ過ぎないためにも、以下の7カ条を意識してみましょう。

食べ方7カ条

1.最初はキムチを選択する

キムチ・カクテキ・オイキムチ・チンジャなどの発酵食品は代謝を促進します。キムチに含まれる唐辛子は脂肪燃焼効果が期待できるので、お肉の前に食べるのがポイントです。

2.肉はサンチュを巻いて食べる

カルビ・ロース・ハラミなど脂肪分の多い肉は、サンチュなどの葉ものを巻いていただきましょう。生野菜でボリュームがアップし、肉の食べすぎを防ぐことができます。

3.追加オーダーは野菜料理や海鮮焼きを選ぶ

野菜焼きやナムル・サラダなどで野菜不足を補いましょう。またイカやホタテ・タコは、肉類より低カロリーです。噛み応えもあるので満腹感もアップします。

4.スープを必ず注文する

スープは、海藻や野菜をとれるだけでなく、カラダを温めたり、お腹を膨らませたりするメリットがいっぱい。お酒の飲みすぎも予防できて一石二鳥です。

5.飲み物はカロリーの低いものをセレクト

焼肉と言えばビールですが、アルコール類は感覚を麻痺させ、食べすぎをセーブできなくなるので飲み過ぎは危険です。お酒を飲むなら、適正飲酒を心掛けましょう。ジュースなどのソフトドリンクも意外とカロリーが高いもの。ノンカロリーのウーロン茶や緑茶を選びましょう。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_repro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう