保存期間

手作りの甘酒は、清潔な容器とスプーンを使えば冷蔵で1週間、冷凍で1ヶ月ほど保存できます。たっぷり作って食べる分ずつ冷凍すれば、常備しておけるのでとても便利ですよ。冷蔵庫では雑菌が入らないように注意しましょう。

火入れをすると保存期間を延ばせる!

より長く冷蔵で保存したいなら、火入れをしましょう。鍋に移し、ひと煮立ちさせます。粗熱をとったら、密閉できる保存瓶に入れて冷蔵庫へ。雑菌の繁殖が抑えられ、2〜3週間ほどもつので、好きなときにいつでも甘酒を楽しめますね。しかし、加熱することにより酵素のはたらきも止まってしまいます。甘酒の味や風味だけ長く楽しみたいという場合におすすめです。

失敗するのはなぜ? 原因と対処法

Photo by TAMA39

芯が残る・すっぱい

甘酒は55~60℃で発酵させることが基本ですが、芯が残る場合は温度が50℃以下になっている可能性があります。周囲の温度や炊飯器によっては、フタを開けたままの保温では温度が下がってしまうことも。そのときは一度フタをして、温度の調節が必要です。

甘くならない

麹菌が作る「アミラーゼ」という酵素がお米のでんぷんを分解することで、甘酒は甘くおいしくなります。そのため、甘みが出ない場合は酵素が作用していないことが考えられます。 酵素は60℃の温度で活発になるので、温度が高すぎると甘みが出ず、逆に酸味が出てしまいます。温度の上がりすぎにも注意し、途中で何度かかき混ぜることも忘れずにおこないましょう。

火入れをすれば失敗した甘酒も飲める!

対処法を試しても芯が残る、すっぱい、甘くならないといった失敗の場合は、火入れをすることにより飲めるようになりますよ。保存性もアップしますが、酵素のはたらきはなくなってしまいますので、砂糖やみりんのかわりとして、料理やお菓子作りに活用するのがおすすめです。

編集部のおすすめ