「信州味噌」ってどんな味噌なの?特徴や作り方・活用料理も

どのご家庭にも必ずある味噌。甘い味噌や辛い味噌などさまざまな味噌がありますよね。そんな味噌の中でも多くの人たちに知られ親しまれてきた「信州味噌」を使ったことはありますか?この記事ではその魅力や作り方や、活用レシピをご紹介いたします♪

2018年4月5日 更新

焼きおにぎり

米麴味噌の中でも辛口とされている信州味噌×ごはんの組み合わせは抜群!ホカホカのご飯に味噌ものせてこんがり焼けば、香ばしく食欲をそそります。砂糖を入れて甘めの味噌にしてからませても◎。何個でも食べたくなるひと品です。

信州味噌で作りたいおかずレシピ5選

1. さごち(さわらの幼魚)の味噌マヨネーズ漬け

さわらの幼魚はあまりあぶらの多い魚ではないので、そのまま焼いてしまうとパサついてしまうことがあります。そのため信州味噌とマヨネーズを合わせたもので漬け込み、焼くことでしっとりとパサつくことなく、おいしくできます。塩辛い味噌とコクのあるマヨネーズが、ごはんとの相性抜群です!

2. ドウチー煮込み大根

中国のスパイス豆鼓(ドウチー)が効いた変わり煮物レシピ。具材は大根だけですが、信州味噌をはじめさまざまな調味料が染み込み、食べるたびにジュワっと旨味が口の中で広がるひと品です。また調理時間も20分ほどで簡単においしくできるので時短おかずにも♪

3. チキンの和風シチュー 信州味噌仕立て

シチューはシチューでも、こちらは信州味噌を使ったシチューです。信州味噌や和風だしを使っているので、見た目はクリームシチューなのに味はクリーミーな和風シチューになっています。コクがあり、だしの効いたシチューは体の中からほっと温まるような味わいです♪
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

maibo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう