世界中で愛されるコーヒーカップ♪ ブランドの特徴を徹底解説

こだわりの喫茶店に行くと、ブランドのコーヒーカップがインテリアの様に一脚ずつ並べられているのを見ます。この美しいデザインがコーヒーを飲むときの贅沢な気持ちを盛り上げてくれますよね。今回は世界の陶磁器ブランドについてご紹介していきます。

2018年3月31日 更新

プレゼントにも最適!ヨーロッパブランドのコーヒーカップ5選

憧れのヨーロッパの食器ブランドをまずはご紹介していきます。いち度は聞いたこがあるような有名なブランドを集めましたよ!

1. ヨーロッパで初めて白磁を作った「マイセン」

1709年にヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。それまでは白い磁器は東洋から輸入されたものしかなかったため、当時のザクセン(現代のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器がヨーロッパで誕生、ヨーロッパの白磁の祖といえます。

2. イタリア代表の白磁「リチャード・ジノリ」

リチャードジノリは、イタリアのカルロ・ジノリ侯爵がドイツのマイセンに負けない陶器を作りたいと、1735年フィレンツェそばの自分の領内に窯を開板のが始まりです。生粋の職人気質のブランドとして世界中で愛されています。

3. デザインが豊富で美しい「ウェッジウッド」

ウェッジウッドは日本で絶大な人気のあるイギリスの磁器ブランドです。美しく白い「ファインボーンチャイナ」に鮮やかに映える絵柄のデザインは非常に種類が多く、使う人の好みに合わせて選べるため、いろんな方に使いやすくなっています。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう