ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

わけぎのぬたの作り方

Photo by suncatch

さっと茹でたわけぎを酢味噌で和える「わけぎのぬた」の作り方をご紹介します。しっとりシャクシャクとした食感のわけぎに、まろやかな酸味の酢味噌がとろりと絡んで、お箸が止まらないおいしさです。基本のレシピをマスターして、イカやあさりなど相性のよい食材で、アレンジを楽しみましょう♪

材料(2人分)

Photo by suncatch

わけぎ…1束(100g) 塩…少々 白味噌…大さじ1 酢…大さじ1 砂糖…小さじ2

作り方

1. わけぎは根を切り落とします。お鍋で水を沸騰させたら塩少々を入れ、わけぎの白い部分を30秒茹でます。葉の部分を手で持ちましょう。

Photo by suncatch

2. 葉の部分も鍋に入れ、30秒茹でます。

Photo by suncatch

3. 菜箸でわけぎをお鍋からすくい上げ、ザルに広げます。そのまま冷ましましょう。

Photo by suncatch

4. ボウルに白味噌・酢・砂糖を入れてよく溶かします。(そのままボウルでわけぎと和えるので、大きめのサイズを使いましょう)

Photo by suncatch

5. わけぎが冷めれば根元側を揃え、まな板にまっすぐ置きます。麺棒を根元側から葉先に向かって転がし、水分と余分なぬめりを押し出します。

Photo by suncatch

6. 4cmの長さにカットします。

Photo by suncatch

7. 酢味噌を合わせたボウルにわけぎを加え、混ぜ合わせればできあがり。

Photo by suncatch

8. 小鉢にこんもりと、中央を高く盛り付けます。白い部分と緑の部分をバランスよく整えましょう。

Photo by suncatch

作るときのコツ

・わけぎは白い部分の方が火の通りに時間がかかるので、根元を先に鍋に浸けることで全体の茹で加減を同じにします。 ・茹で時間は全部で1分ほどです。茹ですぎると食感と味が落ちるので気をつけましょう。 ・茹でたわけぎは水に浸けずに冷まし、まな板で水分を取り除くことで味が水っぽくなりません。

食材プラス♪わけぎのぬたのアレンジレシピ7選

1. イカとわけぎのぬた

イカとわけぎは「ぬた」の代表的な組み合わせ。こちらはお刺身のイカと和えています。噛むごとに、イカの旨味とわけぎの風味がお口いっぱいに広がるおいしさです。さっとゆでたスルメイカやタコと和えるのもおすすめ。味はもちろん、彩りもきれいなひと品に♪

2. まぐろとわけぎのぬた

卵の黄身を混ぜたコクのある酢味噌をのせていただく、まぐろとわけぎ・わかめのぬたです。料理屋さんのような品のある盛り付けは、日本酒によく合いそう。おもてなし料理にもピッタリです。こちらのレシピは味噌の合わせ方を丁寧に解説しています。ぜひご参考に♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS