厳選「鉄フライパン」10選!特徴や魅力も詳しく解説

一生使えるお気に入りのフライパンに出会うことって中々ないですよね。でも日々成長していく料理の腕前に、もの足りなさを感じてしまうことも……。プロの料理人にも愛用者が多い鉄のフライパンは、長年使うほど味が出て、愛着の湧くこと間違いなしですよ♪

2018年4月2日 更新

ファミリーにおすすめの鉄フライパン5選

6. メンテナンスがとにかく楽!「VitaCraft (ビタクラフト)ウォックパン 28.0cm」

ステンレス製の調理器具で有名な憧れのキッチンメーカーのひとつ「ビタクラフト」。そのビタクラフトが提案する「スーパー鉄!シリーズ」は、お値段以上の機能性が魅力的です。

一番の魅力はなメンテナンスが楽なところ!使い始めの「油ひき」や「焼き入れ」が必要なかったり、サビにくい特殊加工で整える手間がぐんと楽なんです。忙しい主婦にもぴったりですね♪
【仕様】
■サイズ:全長49.0×幅28.3×全高13.0×深さ7.0cm
■重量:約1099g
■材質:本体:鉄(窒化加工)、ハンドル:ステンレス
■価格:10260円(税込)

7. ホテルで一流シェフも愛用!「デバイヤーミネラルビー鉄フライパン 40cm」

鉄フライパンの中でもデバイヤーのフライパンは、多くのシェフが愛用していることでも有名です。その一流をご家庭でも味わえるのが、こちらのフライパン。

見た目だけでなく、サビにくい酸化防止のコーティングはオーガニックにこだわっているのもポイントです。デバイヤーの鉄フライパンで、朝ごはんに目玉焼きを焼くだけでもきっとご家族からも歓声があがりそうですよ♪
【仕様】
■サイズ:47×26×14.5cm
■重量:1893g
■材質:本体(鉄)ハンドル(鉄&エポキシ樹脂コーテイング)
■価格:12960円(税込)

8. 100年持つフライパン?「ターク鉄製サービングパン28cm」

「男前なフライパン」と呼ばれているターク社のフライパン!一枚鉄から打ち出した片手フライパンも人気ですが、オススメしたいのは2グリップタイプの鉄フライパンです。料理好きな男性にも人気で、アウトドアにも持って行きたくなるフォルムですよね。

鉄鍋では珍しく表面にスリットが施されているので、お肉を焼いても脂が下に落ちたり、野菜を焼いたら水分を逃す仕組みになっているのがとっても魅力的です!
【仕様】
■サイズ:(トップ部分)約28cm、(ボトム部分)約21cm
■重量:約1.5kg
■材質:鉄
■価格:8500円

9. 両面がメンテナンスしやすい深さ「パール金属 炒め鍋30cm」

ほかの鉄フライパンにはあまりない「両面エンボス加工」のキャッチコピーが目をひく、パール金属の鉄フライパンです。深めの構造は、野菜炒めやチャーハンなど強火での調理向けにピッタリ。さらに両面エンボス加工で食材のこびり付きを防げるのは、とっても嬉しい性能ですよね。
【仕様】
■サイズ:49×30×8cm
■重量:1.2kg
■材質:鉄
■価格:7538円(税込)
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

料理作家 つくり子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう