テフロンコートフライパンの失敗しない選び方とおすすめ5選

テフロンコートのフライパンは表面がツルツルとしており、料理や洗い物の点でも便利です。より長く使うために、使い方や洗い方の注意を確認してみましょう。おすすめのテフロンコートフライパンも5選紹介しています。

テフロンコートのフライパンの特徴

フライパンには、形や素材、そして表面加工の違いなどによって種類がわかれています。テフロンコートのフライパンはテフロン、つまりはフッ素でフライパンの表面を加工したフライパンのことです。

テフロンコートのフライパンは、表面の滑りがよいので、食材がくっつきづらく、汚れもつきづらいという特徴があります。フライパンを洗う手間が少なくなるため、お手入れがぐっと楽になりますね。一方、テフロンコートのフライパンは摩擦や熱に弱く、耐久性が低いというデメリットもあります。

テフロンコートフライパンの使い方

使い始めの注意点

テフロン加工のフライパンは、最初から表面がフッ素で加工してあり、食べ物や汚れが付きづらいようになっています。そのため、特別なことを意識せずにフライパンを使い始めることができます。

一般的な表面加工をしていないフライパンや中華鍋などを使い始めるときには、フライパンを空焚きして、油を馴染ませる作業が必要になる場合があります。しかし、すでに表面がコーティングされているテフロン加工のフライパンの場合は、これらの過程が不要です。

使い方

テフロンコートのフライパンを長く使うためには、間違った使い方をしないように気を付ける必要があります。まず。ひとつ目に空焚きをしないようにしましょう。つい空焚きをしすぎてしまうとテフロンコートが剝がれやすくなってしまいます。

ふたつ目に調理時の火の使い方に注意しましょう。常に強火で使うと、火の熱によりフライパンが痛んでしまいます。そして3つ目に、フライパンの表面にヘラなどを強打しないことです。特に、金属のヘラでガンガンとフライパンにぶつけながら使うとコーティングを痛めることとなります。

洗い方

フライパンのテフロンコートを長持ちさせるためには、洗い方にも気を付けることが大切です。洗い方で気を付けるべき点は3つあります。まず、使用後のフライパンに冷たい水をいきなりかけないことです。急激な温度変化はコーティングを痛めます。

ふたつ目に、たわしやクレンザーを使ってフライパンを洗わないことも重要です。これもフライパンの表面を守るために重要です。そして、洗ったあとには必ず水分をしっかりとふき取りましょう。

人気のテフロンコートフライパン5選

1. 人気のティファール「グランブループレミアフライパン」

キッチン用品の人気ブランド、ティファールからもテフロンコートのフライパンが販売されています。チタン製のフライパンで5層にも表面がコーティングされているのが特徴です。5層ものコーティングがなされているので、耐久性も向上していますよ。

2. IHにも対応「フッ素加工フォアH-1860」

600円台という手軽な値段で買えるフッ素加工のフライパンです。フッ素加工のフライパンを試しに使ってみたいという方でも買いやすい値段ですね。IHに対応しているので、IHキッチンの方でもテフロンコートフライパンを使えますよ。

3. 北陸アルミのフライパン「センレンキャスト26cm」

アルミ製品を専門的に取り扱っている北陸アルミから発売されているテフロンコートのフライパン。軽く丈夫なアルミを使っているので、いままでのフライパンが重たいと思っている方にもおすすめです。

特集

SPECIAL CONTENTS