第三のビールってビールじゃないの?豆知識とメーカー別人気ビール5選

新ジャンルとも呼ばれる第三のビール。最近では改良に改良を重ね、どこの第三のビールもおいしくて優劣をつけがたい状態です。おうちで毎日飲みたいビール、安いに越したことはありませんよね。ぜひお好みのビールを見つけて乾杯しましょう。

2019年10月9日 更新

3. サッポロ「麦とホップ The gold」     

第三のビールと言えば、糖質やプリン体が少ないと思っている方が多いようですが、こちらの麦とホップ The goldは他のものと比べて高めの第三のビールになります。ビールのような麦の苦さを感じることのできるビールなので、グイグイ進んでしまいますが飲み過ぎには要注意です。
■原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
■アルコール分:5%
■価格:121円(1缶350ml)
【栄養成分(100mlあたり)】
■エネルギー:46kcal
■糖質:3.5g
■プリン体:約11g

4. サントリー「金麦」

檀れいさん出演の「うまい話には気をつけろ!」でおなじみのCM「金麦」。プリン体が低めなので体のことを意識される方におすすめです。天然水仕立ての金麦はとても飲みやすく、居酒屋でも樽の金麦が飲めるようになりました。缶で飲むのとはまた違ったおいしさを味わえますよ。
■原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
■アルコール分:5%
■価格:108円(1缶350ml)
【栄養成分(100mlあたり)】
■エネルギー:43kcal
■糖質:3.2g
■プリン体:約3.5g

5. ベルモルト「ベルモルト・ゴールド」

スーパーで見かけることの少ないベルギー産の第三のビール、ベルモルト・ゴールドです。アルコールは6%とやや高めですが、100円前後で購入できるお買い得のビール!上品な甘さやまろやかさがありますが、独特のクセはないようです。外国のビールの存在感もしっかり味わうことができます。
■原材料:大麦、麦芽、ホップ、大麦スピリッツ
■アルコール分:6%
■価格:100円(1缶330ml)
【栄養成分(100mlあたり)】
■エネルギー:48kcal
■糖質:3.2~3.3g

お気に入りの第三のビールで乾杯しよう♪

第三のビールについてお伝えしてきました。原料や製法を知らずに安いというだけで第三のビールを選んでいた方には参考していただければ嬉しいです。「第三のビールはビールではない!」と批判する方もいるようですが……そうなのです!第三のビールは基本的に麦芽を使用していないので、ビールとはそもそも違ったアルコール飲料だということが分かりましたね。

仕事終わりや週末に同僚や家族と一緒にワイワイ楽しみたいお酒!ぜひお好みのアルコールを見つけて最高の一杯で乾杯しましょう♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう