第三のビールってビールじゃないの?豆知識とメーカー別人気ビール5選

新ジャンルとも呼ばれる第三のビール。最近では改良に改良を重ね、どこの第三のビールもおいしくて優劣をつけがたい状態です。おうちで毎日飲みたいビール、安いに越したことはありませんよね。ぜひお好みのビールを見つけて乾杯しましょう。

第三のビールとは

いまや贅沢なドリンクの扱いをされているビール……。ビールは、麦芽、ホップ、水を発酵させたアルコール飲料です。しかしいわゆる第三のビールには麦芽は使用されず、麦芽の代わりに穀物を原料とし、糖類やホップを混ぜ合わせて作られます。第三のビールを飲んだときに「ビールより薄い」「味が物足りない」と言う方もいますが、基本、麦芽が入っていないので、苦味は少ないですがアルコール分はビール、発泡酒、第三のビールともに5~6%なのです。

原料は?

ビールや発泡酒、第三のビールの原料で大きく違うのは麦芽です。まず第三のビールには、「その他の醸造酒(発泡性)①」「リキュール(発泡性)①」に表記された2種類があります。「その他の醸造酒(発泡性)①」は、糖類、麦以外の大豆やとうもろこしなどの穀物、ホップなどを使って作られます。「リキュール(発泡性)①」は、発泡酒(麦芽を含む)になにかしらのスピリッツ(蒸留酒)を混ぜて作られるのです。

発泡酒との違い

上記でもお伝えしたように、発泡酒は麦芽を原料として作られます。一般的な発泡酒ですと麦芽使用率は25%未満で、ビールを飲み続けてきた人からするとやはり物足りなさを感じるようです。そして麦芽不使用のビールが第三のビールという位置づけになります。第三のビールは、麦芽以外のとうもろこしや大豆などの穀類で作ってから最後にビールの風味付けが施されたり、カラメル色素で着色させて完成していくのだとか。

第三のビールの魅力

糖質やプリン体を軽減

アルコールに含まれる糖質とプリン体!摂取しすぎて蓄積すると危険です。そこで「糖質オフ、プリン体ゼロ」というラベルを最近よく目にするようになりましたよね。健康に気遣う方にはうれしい商品です。上手に摂取すれば、健康でおいしいアルコールを飲み続けることができます。しかし、表示ラベルに満足して、おつまみを食べ過ぎたり、アルコール自体を飲み過ぎてしまっては意味がありません。食べる物や量にも気をつけて飲食しましょう♪

価格が安い

ビールはスーパーで1缶(350ml)200円前後で販売されているのに対し、第三のビールの価格帯は120円前後で販売されています。コンビニではもう少し高いようですね。ではなぜ第三のビールは安いのでしょうか?簡単に言うと、税金が安いからという理由です。これは原料を見れば一目瞭然!麦芽比率が多いものに酒税は高くかかります。ですので、ビール、発泡酒、第三のビールの順に価格が安くなっていきますね。

メーカー別!人気第三のビール5選

1. キリン「のどごし生」

阿部サダヲさんが出演している面白いCMでおなじみの「のどごし生」。名前のとおり、のどごしが良く、コクとキレがあります。カロリーやプリン体も低めに作られているので、禁酒は厳しい……という方はのどごし生で抑酒も良いかもしれません。幅広い年齢層から支持されている第三のビールです。
■原材料:ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス
■アルコール分:5%
■価格:108円(1缶350ml)
【栄養成分(100mlあたり)】
■エネルギー:43kcal
■糖質:3.1g
■プリン体:約1.7g

2. アサヒ「クリアアサヒ」

向井理さんや本田翼さんがお鍋を食べながら飲んでいるCMの「クリアアサヒ」。みんなでワイワイ飲むときにおすすめです。すっきりした味わいが特徴なので、チョコレートなど甘めのおつまみとも相性バツグン!ビールの風味に近いクリアアサヒですが、苦味が少ないのでビールが苦手な方も爽快に飲めます。
■原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーンスターチ)、スピリッツ(大麦)
■アルコール分:5%
■価格:108円(1缶350ml)
【栄養成分(100mlあたり)】
■エネルギー:45kcal
■糖質:3.2g
■プリン体:4.4g

3. サッポロ「麦とホップ The gold」     

特集

SPECIAL CONTENTS