さっぱりふわふわ♪「トマトと卵のスープ」の基本とアレンジレシピ

酸味と甘みのあるトマトと、ふわふわ食感に仕上げたかきたまのスープはおいしく色も鮮やかで、あると食卓が華やぎますね。今回はトマトと卵のスープの基本的な作り方と、具材を加えてアレンジしたレシピをご紹介します。

「トマトと卵の中華スープ」のレシピ

トマトと卵の中華スープの写真

Photo by migicco

まずは、基本的な「トマトと卵の中華スープ」の作り方をご紹介します。トマトはすぐ火が通りますので、調理時間は5〜8分程度。ほかのおかずを作りながら、パッと準備できる汁物です。

卵をふわふわに仕上げるコツは、温度と、混ぜるタイミング。手早く作業するので、卵を入れる際は他の調理の手を一瞬だけ止めて、卵に集中するとよいでしょう。上手にふわっと仕上げられると、とても嬉しいですよね!

中華のおかずはもちろん、シンプルな炒めものやフライなどの主菜にも合いますよ。またおにぎりに添えれば体のあたたまる夜食になります。

材料(2人分)

トマトと卵の中華スープの材料

Photo by migicco

・ミディトマト 2個
・卵 1個
・中華スープの素 7g
・ごま油 小さじ1
・水 400cc

トマトは普通のサイズのトマト、またプチトマトでもいいですよ。おうちにあるトマトを使って気軽に作ってみましょう。

今回、半ねりタイプの中華スープの素を使いましたが、顆粒のものでもOKです。好みでねぎ、生姜等の薬味をプラスしてもおいしいですよ。

作り方

1. トマトは洗ってヘタをとり、3cm角くらいの大きさにカットしておきます。種が気になる場合は取り除きましょう。
カットしたトマト

Photo by migicco

2. 卵を器に割り入れ、白身のコシを切るように混ぜます。フォークを使って混ぜると、コシが切れて全体がよく混ざりますよ。
溶き卵の写真

Photo by migicco

3. 鍋に水とトマトを入れ、中火で沸騰させます。アクが出たらすくって取り除きます。

熱が通ってくると、トマトの皮が剥がれて浮いてきます。皮の食感が気になる場合はここで鍋から出しておいてくださいね。
鍋を火にかける写真

Photo by migicco

4. 中華スープの素を加えて、全体をよく混ぜて溶かします。
中華スープの素を入れる写真

Photo by migicco

5. スープが沸騰している状態で、溶き卵を全体に回し入れます。少しずつ入れるとふわっとしたかきたまになりますよ。入れてすぐに混ぜてしまうと卵がバラバラになるので、この時点ではまだ混ぜません。
溶き卵を入れる写真

Photo by migicco

6. 卵がふんわり固まったら火を止め、ひと混ぜして完成です。器によそい、好みで薬味を添えていただきましょう。
卵をかき混ぜる写真

Photo by migicco

作る時のコツ

スープに溶き卵を加えてすぐに混ぜてしまうと卵がふんわりと仕上がらないので、少し時間をおいて固まるのを待ち、箸やおたまでほぐすとふんわり食感になります。必ずスープが沸騰している状態で卵を入れるようにしてください。

トマトは加熱すると少し崩れるので、大きめにカットするのがおすすめです。

寒い時期は、スープにとろみをつけると冷めにくくなり、ゆっくりとスープを楽しめますよ。

トマト卵スープのアレンジレシピ3選

1. 牛肉とトマトのスープ

特集

SPECIAL CONTENTS