ライター : 若子 みな美

管理栄養士 / フードコーディネーター

料理・美容・栄養など食に関する記事の執筆やレシピ開発および監修。料理写真撮影、栄養計算などのお仕事をしています。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関してトータルコー…もっとみる

冬の代表といえばおでん!

冬に食べたいものといえば「おでん」ですよね。でも、毎回おなじ具材だと飽きてしまうことも。そこで今回はいつもとはひと味違う、本当に変わり種のおでんの具材でおでんを楽しんでみました♪

いつものおでんにプラスしたい変わり種

いつも通り作ったおでんに変わり種をプラスするだけですよ。今回使用する変わり種をご紹介します。

今回の変わり種

Photo by 若子みな美

・たらこ ・アボカド ・冷凍からあげ ※分量はお好みでOKです。

作り方

Photo by 若子みな美

1. おでんをいつも通り作ったら、たらこ、ひと口大に切ったアボカド、冷凍からあげを入れて、蓋をして弱火で煮ます。具材に火が通ったらできあがり!

変わり種のおでんの具を実食!

プチプチがたまらない!たらこ

Photo by 若子みな美

プチプチ食感がたまらないたらこ。だしの味が染みて、とっても美味!そのままではもちろん、ご飯にのせてもおいしいですよ。 たらこのうま味が、おでんの汁にも溶け出て、おでんが全体的に魚介風味になります。たらこの外皮を破って、中身をほぐして食べるのもおすすめ♪

意外と合う!アボカド

Photo by 若子みな美

食べるまで不安でしたが、アボカドの濃厚な味におでんの出汁が加わっておいしかったです!おでんの出汁と一緒に煮込むことにより、アボカドがさらにとろ〜っとした舌触りに♪ おでんと一緒に煮込みますが、アボカドは熟しているものを使用するのがよいかと思います。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ