ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

トルネードポテトの基本レシピ

Photo by lanne_mm

包丁と竹串を使ってぐるぐるらせん状のトルネードポテトを作ります。味付けは、シンプルに塩とブラックペッパーにしましたが、コンソメやカレー粉、チリペッパー、ハーブなどもおすすめです。ディップソースを添えてもGOOD!いろいろなバリエーションで、楽しんでくださいね。 今回はオーブンで焼きあげるレシピをご紹介しますが、もちろん油で揚げてもOKですよ。

材料(4本分)

Photo by lanne_mm

・じゃがいも……小4個 ・オリーブオイル……適量 ・塩……少々 ・ブラックペッパー……少々 ・竹串……4本

作り方

1. じゃがいもに竹串をさす

Photo by lanne_mm

よく洗ったじゃがいもに竹串をさします。ポイントは中心にまっすぐさすことです。オーブンは210℃に温めておきましょう。
2. 包丁でじゃがいもを切って形を作る

Photo by lanne_mm

竹串を持ったときに、上になる部分から切っていきます。上から5〜6mmの部分に垂直に包丁を竹串に当たるまで入れます。包丁は竹串に当てたまま、左手でじゃがいもを回転させ、包丁をずらしていきます。包丁を動かすのではなく、じゃがいもを動かしていきます。

Photo by lanne_mm

上の写真のように少し、じゃがいもを包丁で広げてすきまをV字にして切っていくと切りやすいです。常に包丁は竹串に当たるようにしましょう。切込みを目で追いながら切ると均等に切れます。じゃがいもの下のほうまで、繰り返していきます。
3. じゃがいもの切込みを広げる

Photo by lanne_mm

切り終えたら、じゃがいもの切込みを少しずつずらして、均等に広げていきます。
4. オリーブオイルを塗る

Photo by lanne_mm

ハケなどを使って、オリーブオイルをまんべんなく塗ります。すきまにも塗りましょう。ハケがないときは、ティースプーンなどで少しずつたらして、塗り広げてください。
5. オーブンで焼く

Photo by lanne_mm

210℃に予熱しておいたオーブンで25~30分程度焼きます。焼けたらあたたかいうちに、塩とブラックペッパーをかけたらできあがり。

盛り付け

Photo by lanne_mm

お皿に盛り付けたら、熱いうちに塩やブラックペッパーをふりかけましょう。彩りにパセリもおすすめです。ケチャップやマヨネーズなどを添えてもOK!

作るときのコツ

トルネードポテトの切り方のコツは、竹串まで包丁を垂直に入れること、包丁ではなくじゃがいもを回転させて切っていくこと、包丁はいつも竹串に当てたまま、5〜6mmの幅になるように切れ目を意識してじゃがいもを動かすことの3つです。 大きいじゃがいもだと、竹串がまっすぐささらなかったり、切って広げたときに竹串の長さにおさまらなかったりするので、小ぶりのじゃがいもを選びましょう。

ポテトフライのレシピ3選

1.ミニミニトルネードポテト

トルネードポテトをもっと小さいポテトで作れば、もっと可愛らしい雰囲気になるんです。たくさん作って味付けを変えれば、一度にたくさんの味を楽しむことができますよ。ぜひいろいろな味で楽しんでくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS