ライター : KIBO LABO キボー ラボ

調理師 / フードコーディネーター

山口県山口市出身。東京での雑誌記者を経て、ライターをしています。大学・病院案内、行政の観光情報などの固いものから、グルメ・美容まで幅広いジャンルを執筆。イタリア料理とスペイ…もっとみる

あれ、中濃ソースがない…!

みなさまの食卓には、ソース系の調味料が何種類並んでいますか?最近はメニューに合わせてさまざまなソースがあるので、きっと数本ストックされている方は多いのではないのでしょうか。 今回はその中でも、程よい甘みが人気の中濃ソースを紹介します。コクと旨みのある中濃ソースは、そのままコロッケなどの揚げ物にかけたり、酸味のあるケチャップやマヨネーズに混ぜて使ってお好みのソースにしたり、隠し味に使ったりと多くの方が活用していますよね。 ただ「数本ストックしても使い切れない」「中濃ソースが切れていた」というときもあるでしょう。そんな非常時に役立つ、中濃ソースの代用法についてご紹介します!

そもそも中濃ソースって?

串揚げをソースに浸している
中濃ソースは、関東周辺で主に使われているソースです。成分はトマトやニンジンなどの野菜やリンゴなどの果実を濃縮したものに、糖類や塩分などの調味料を加えて調製されています。アレルギー成分には、大豆が含まれています。 製造元では独自製法を用いて、スパイシーだけどマイルドに仕上げたとろみのあるソースにしています。同じソースの分類にはウスターソースと濃厚ソースがあります。

ウスターソース

中濃ソースよりも多くのスパイスが使わているサラリとしたソースで、主に関西では串カツのソースとして愛用されています。スパイシーな味わいは、焼きそばの下味にも使われたり、関東では、もんじゃ焼きのベースに好んで入れる方もいます。

濃厚ソース

とんかつソースやお好み焼きソースなどのように、とろみの強いソースが濃厚ソースです。糖度がウスターソースや中濃ソースよりも高く、一部地域ではフルーツソースと言われるくらい甘みが強い、フルーティーな味わいの濃厚ソースもあります。

中濃ソースはこれで代用できる!

隠し味ならウスターソース

成分が似ているウスターソースは、そのまま中濃ソースの代用にしても大丈夫です。ただしさらりとした口当たりなので、揚げ物などにそもまま使うよりも、隠し味の代用のときにおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS