好きな具材でパクっ!「お稲荷さん」の基本レシピ&おすすめの具

お稲荷さんの基本的な作り方と中に入れるとおいしいおすすめの具材をご紹介!いくつかのコツを覚えて、上手にお稲荷さんを作れるようになりましょう。自分好みの具材を入れてみて、オリジナルなお稲荷さんを開発するのも楽しい!ぜひトライしてみてください。

2017年12月15日 更新

パクッと食べたい!お稲荷さんの作り方を伝授

お稲荷さんの写真

Photo by tumu

運動会やお正月など、ハレの日に食べるイメージが強いお稲荷さん。実は、けっこうアレンジを加えることができる料理なんです!自分好みの具材を選び、お気に入りの組み合わせを発見すれば、オリジナルなお稲荷さんが作れますよ。

今回は、お稲荷さんの基本的な作り方をご紹介。さらに、おすすめの具材もチェックしていきます。油揚げを開いたり、ご飯を詰めるときにすこし手間取ることがあるかもしれませんが、大丈夫!何度もやっていれば上手になりますよ。

「お稲荷さん」の由来と歴史は?

お稲荷さんの語源は、キツネの神様である「稲荷神」から。稲荷神の使いであるキツネの好物はネズミの油揚げとされていました。いつからか豆腐の油揚げが神様に供えられるようになり、今度はそちらがキツネの好物とされるように。

豆腐の油揚げはキツネ、すなわち稲荷神の好物。その油揚げを使うお寿司なので「稲荷寿司」と呼ばれるようになったそうです。

お稲荷さんの基本レシピ

お稲荷さんの写真

Photo by tumu

こちらでは基本的なお稲荷さんの作り方をご紹介します。油揚げを開くときや、ご飯を詰める際にすこしコツがいりますが、何度もやっていれば上手になるはず!

お稲荷さんの中に入れる具は、自分好みのものでOKですよ。いろいろな材料をためして、お気に入りの組み合わせを見つけてみてください。

材料(4人分)

お稲荷さんの材料

Photo by tumu

・油揚げ    10枚
・お米     3合

・お好みの具  適量

【合わせ酢】
・お酢     大さじ4 
・砂糖     大さじ3
・塩      小さじ1

【煮汁】
・だし汁    300cc
・醤油     大さじ2
・砂糖     大さじ2
・みりん    大さじ2
1 / 3

特集

SPECIAL CONTENTS