素敵な甘さに癒されて♪ メープルシロップの作り方と代用レシピ

今回は、濃厚な甘さが特徴のメープルシロップの作り方や、自宅で作れる代用レシピをご紹介します。一体どのように作られているのか、手作りはできるのか、気になりますよね。メープルシロップが手元にない場合の参考にもしてみてくださいね。

2019年4月26日 更新

スイーツには欠かせない「メープルシロップ」

スイーツ好きなら誰もが愛する「メープルシロップ」。パンケーキやフレンチトーストにまわしかければ、とろける甘さにほっこりと癒されます。手作りのお菓子もフォトジェニックに変身するので、味も見た目もダブルで楽しめますよね。

そんなメープルシロップですが、いざ使おうと思ったらお家ない……なんてことありませんか? そこで今回は、メープルシロップの作り方や自宅で作れる代用レシピをご紹介します。

メープルシロップの作り方

ナチュラルな甘さのメープルシロップは、カエデの樹液を煮詰めて作られます。保存料や添加物などは加えず、100%ナチュラルな天然の甘味料です。

採集用の木に穴をあけて蛇口を差し込み、バケツをセットししばらくすると、透明で水のような「メープルウォーター」が出てきます。これを火にかけ、琥珀色になるまでじっくりと煮詰めれば完成。

上のような伝統的な作り方だと、40Lのメープルウォーターで1Lのメープルシロップしか作ることができません。

作れるのは春の始まりの数週間のみ

メープルウォーターが採取できるのは、朝晩は寒く少しずつ日中が暖かくなってきた、春の始まりの2週間前後。樹液が取れる地域・一本の木から取れる量・樹齢30年以上など制限があるので、とても価値の高い甘味料と言えます。

貴重な日本産も

世界に流通しているメープルシロップは、8割以上がカナダ産と言われています。カナダと言えば国旗にもカエデの葉が使われていますよね。しかし実は、日本でもわずかな地域で生産がおこなわれているんです。この機会に、一度試してみてはいかがでしょうか。

ITEM

オーガニックメープルシロップ「楓の雫」

内容量:50ml×2本 産地:山形県金山町

¥7,000 ※2019年4月25日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう