5. さつまいもとりんごの重ね煮

りんごとさつまいもを重ね煮にして、ホクホクとろとろのデザートを作りましょう。素材の甘みを生かしたいので、砂糖の量はお好みで調整してくださいね。レーズンを加えると味のアクセントになり、全体がしまるのでおすすめです。余ったら、パイやケーキにアレンジしてもおいしそうですね。

お肉入り重ね煮レシピ6選

6. ほっこり甘辛!豚肉とかぼちゃの重ね煮

鍋に材料を重ねたら、ちょっとの水を加えて、ふたをしてコトコト。ほっこりと炊きあがったかぼちゃは、素材そのものの甘みを最大限に発揮し、思わず笑顔になれそうなやさしい味わいに仕上がりますよ。豚肉に下味をもみこんでおくことで、時間が経ってもやわらかさをキープ。翌日でも変わらぬおいしさです。

7. 豚バラ白菜と春雨の重ね煮

材料を鍋に入れたら、あとはふたをして10分間ほったらかし。仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつければ、ごはんが何杯でもおかわりできそうな、中華風の重ね煮ができあがりです。春雨も最初から入れてしまうので、事前に戻しておく手間もなしです。

8. 鶏と大根の重ね煮

鶏肉と大根を重ねたら、調味料を回しかけて弱火で放置。この間に違う料理に取りかかれるので、何品も作りたいときには大変助かるレシピです。ほろほろとほぐれる鶏肉はもちろん、煮汁がしみしみの大根も、思わず箸が止まらなくなるほどのおいしさ。ゆで卵をプラスすれば、食べ応えもアップです。

9. 重ね煮ポトフ

寒い季節には、体の芯から温まる重ね煮ポトフがうってつけ。素材本来の栄養やうまみが全身に染み渡るような、滋味深い味わいのひと品です。塩のみでシンプルに調味して、ほっとするやさしい味を目指しましょう。多めに作って、翌日は肉じゃがやカレーにアレンジしてもGOODです。

10. お子様ウケ抜群!じゃがいもとベーコンの重ね煮

鍋にじゃがいも、玉ねぎ、ベーコン、チーズを重ね、落し蓋をして煮ます。ベーコンやチーズの塩気があるので、味つけはコンソメと塩コショウ少々で十分。完成した重ね煮は、グラタンのようなシチューのような、お子様ウケ抜群の家庭的な味わいです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ