関東のお雑煮の特徴やレシピをご紹介!関西との違いもお伝えします♪

日本のお正月には欠かせないお雑煮。「お雑煮を見れば出身地がわかる」と言われるくらい、お雑煮には地域性があるのをご存じですか?今回は関東のお雑煮にスポットをあてて、関東のお雑煮の特徴と関西との違い、そして両方のおすすめレシピをご紹介します。

お雑煮はハレの日のお祝い膳

新年の無事を祈って食べるお雑煮は、お正月には欠かすことのできない伝統的なお料理です。お雑煮を食べると新しい年が始まったな、と実感しますよね。ところでこのお雑煮、歴史はかなり古く、室町時代にはすでに食べられていたそうです。

雑煮の語源は「煮雑(にまぜ)」、色々な具材を組み合わせることからついた料理名です。名前の通り、お雑煮は地域によって、味も具材もさまざまということをご存じですか?今回はおもに関東で食べられている関東風のお雑煮にスポットをあててご紹介します。

関東のお雑煮って?

関東のお雑煮とひと口に言っても、実は地域によってかなり違いがあります。どんなお雑煮を食べているか聞くと、どこに住んでいるかある程度わかると言われているんですよ。ここでは一般的な関東雑煮の特徴をご紹介しましょう。

・お汁はおしょうゆベースのすまし汁
・おもちは焼いた角もち
・具材は鶏肉、かまぼこ、しいたけ、青菜(小松菜など)、みつば、にんじん、大根


関東のお雑煮は昆布とかつお節でひいただしがベースのすまし汁が特徴です。あっさりとしただしを引き立てるよう、具材は少なめ。淡白な野菜を中心として、全体的にすっきりとまとまっています。

お雑煮に入れるおもちには、角もちを使用します。これは昔から人口が多かった関東(おもに江戸周辺)では、ひとつひとつ手で丸めて作られる丸もちよりも、大きくのしてから切り分ける角もちのほうが効率がよかったためと考えられています。

お食事のはじまりに食べられるお雑煮には、これからごちそうが始まるぞ、という意味も込められています。あっさりとキレのいい関東のお雑煮には、胃を軽く刺激する意味あいとともに、キレのよさを粋とした江戸っ子気質を反映しているのかもしれませんね。

関西のお雑煮は?

一般的に関西のお雑煮と呼ばれているものは「京雑煮」を指すことが多く、白みそ仕立ての濃厚なお汁が主流です。おもちは「円満」をあらわし、「その年を丸く収める」意味をかついで、茹でた丸もちを使うことが多いですね。

お雑煮の具材には、サトイモや大根、にんじんなど白みその汁とうまく絡むものを好んで使う傾向があります。あっさりキレのいい関東のお雑煮と比べ、まったりと濃厚な味わいの関西のお雑煮。東と西では、こんなにも違いがあるのですね。

関東風のお雑煮おすすめレシピ5選

1. おすましのお雑煮

ゆずの香りも雅やかな関東雑煮のレシピです。昆布とかつおで丁寧にひいただしがしっかりと効いたお汁は、旨みたっぷりでありながらあっさりとしています。その秘密は味付けをお塩と薄口しょうゆ、お酒だけで仕上げているから。いい具合に焼けたおもちが香ばしく、満ち足りた気分に浸れる一杯です。

2. 甘めのおすまし仕立て関東風雑煮

めんつゆを使った関東風雑煮のレシピです。お正月のお料理はハードルが高いイメージがありますが、めんつゆは使い慣れている調味料。気負わずに使うことができますね。焼いたおもちの芳ばしさと甘めのすまし汁との相性もぴったり。ほんのり甘めのすまし汁がお好みのかたにおすすめです。

3. 白だし鶏雑煮

こちらは白だしを使ったおすましのお雑煮です。白だしは関西を中心に使われている液体調味料で、味付けに白醤油やうすくち醤油が使われています。白だしを使うと本格的な割烹料理のような上品なお味が楽しめますよ。お汁の色も濃口醬油を使ったものよりずっと薄いので、具材の色もきれいに映えます。

4. おだしがおいしい関東風お雑煮

特集

SPECIAL CONTENTS