5. キノコたっぷりの肉じゃが

定番の肉じゃがにキノコやさやいんげん、糸こんにゃくまで加えた、具だくさんでボリュームのある料理です。煮込む前に牛肉をあらかじめ炒めておくことで、お肉の臭みが消えてコクとうま味が増します。エリンギを加えてもおいしいですし、さやいんげんの代わりに枝豆を入れても彩りがきれいですね。

6. 牛肉とゴーヤのマヨネーズ炒め

醤油と砂糖の組み合わせで甘めの味つけが多い牛肉料理ですが、マヨネーズで味つけするアイデアが面白いですね。ゴーヤと赤ピーマンが入っているのでマヨネーズにもよく合いますが、火を止めてから和えないと酸味が飛んで脂っぽく感じます。ここでもアクセントに醤油を加えるのがポイントです!

7. ナスと牛肉の煮びたし

秋が旬のナスは油との相性がたいへんよく、素揚げにすると青い皮がより色鮮やかになります。しょうがが香る醤油ベースの甘いだしで、さっと煮た牛肉とナスがおいしい料理です。だしが煮立ったら火を止めて、余熱で牛肉に火を通しナスに味を含ませるのがポイント。牛肉がやわらかくナスとよく合いますよ♩

8. 牛肉とごぼうのオイスター炒め

牛肉の切り落としとごぼうだけ作るシンプルな炒め物です。調味料はオイスターソースを使用していますので、コクとうま味はしっかりとあります。ごぼうは火が通りにくいので、あらがじめレンジで加熱しているところがミソ。濃いめの味つけと水分が出ない具材ですので、作り置き用に多めに作ってもいいですね。

9. ストウブ鍋でことこと大根牛肉煮

輪切りの大根と牛肉を、甘さ控えめのおでん風のだしでことこと煮込んだ温かい料理。牛肉は湯通ししてアクを取り、皮をむいた大根は面取りをするなど、しっかりと下ごしらえすることがポイントですね。

10. 韓国風牛肉のぎゅうぎゅう焼き

本来ならもっといいお肉を使うほうがいいのでしょうが、切り落としでもひと工夫でおいしくできます。コチュジャンを加えた焼肉風ダレをお肉にもみこむことで、味がしっかりしみてやわらかくなり、ご飯のおかずやお酒のおつまみにもぴったりです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS