納豆味噌汁の基本レシピ&人気アレンジ4選。驚くほどにクセがない!

納豆を具材にした味噌汁レシピをご紹介します。納豆というと、ご飯にのせて食べるのが定番ですが、臭いが気になることもありますよね。そんな時は、味噌汁にするのがおすすめです!驚くほどに、独特のにおいやネバネバ感がなくなりますよ!

まずは基本!納豆味噌汁の作り方

ネギと豆腐は味噌汁の定番です。ここに納豆を思い切って入れてしまいましょう。ネギは小ネギ、長ネギ、どちらでも構いません。あらかじめ納豆とネギをお椀に入れて、ここにお豆腐の味噌汁をかけても良いですよ。クセがなく、毎日の朝食としてもおすすめです。

何を合わせる?納豆味噌汁のアレンジレシピ4選

1. 卵と納豆の味噌汁

豆腐とネギを入れた味噌汁に、溶き卵を加え、最後に納豆を入れましょう。溶き卵は硬くなってしまうことを避けるため、入れたらすぐに火を止めるようにしてください。キャベツをプラスすると甘みも増し、ボリュームアップしますよ。納豆は大粒でも構いませんが、卵との絡みをよくするためにはひきわりもおすすめです。

2. きのこ入り納豆の味噌汁

お好みのきのこをたっぷりと使い、お豆腐、三つ葉を入れた納豆の味噌汁。冷えが気になる場合は生姜をプラスしましょう。すっきりと飲みやすく、お酒を飲んだ後にもおすすめですよ。色が変わってしまうことを防ぐため、三つ葉には火を通さず、味噌汁をお椀に入れてから三つ葉を散らしましょう。

3. すり潰し納豆味噌汁

豆腐や油揚げ、山菜、なめこをたっぷりと加え、そこにすり潰した納豆を入れた味噌汁です。納豆はペースト状にするのではなく、ある程度粒が残っていても構いませんよ。お好みでネギや七味をトッピングして食べましょう。ほうれん草や小松菜を加えると、さらに栄養価がアップしますね。山菜がおいしい季節にぜひ作りましょう。

4. 人参メインの納豆味噌汁

にんじんが大好きな人には、たまらない味噌汁です。大きくカットした人参のほか、山菜や豆腐を入れてボリュームもアップ。納豆をペースト状にして味噌汁に入れることで、納豆が苦手な方も抵抗なくいただけますよ。ペースト状にした納豆は味噌汁にとろみをつけてくれるので、お子様も飲みやすくなります。

納豆の味噌汁で元気パワーを養おう

特集

SPECIAL CONTENTS