ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

まずは基本!納豆味噌汁の作り方

ネギと豆腐は味噌汁の定番です。ここに納豆を加えましょう。ネギは小ネギ、長ネギ、どちらでも構いません。あらかじめ納豆とネギをお椀に入れて、ここにお豆腐の味噌汁をかけてもよいですよ。クセがなく、毎日の朝食としてもおすすめです。

何を合わせる?納豆味噌汁のアレンジレシピ7選

1. ひき肉入り卵と納豆の味噌汁

卵や鶏むね肉のミンチなどを入れる、ボリューム満点の納豆汁です。ネギや生姜もたっぷり入っているので、風邪気味なときに食べたいひと品。卵が入ると、納豆汁もグンと食べやすくなりますよ。

2. きのこ入り納豆の味噌汁

なめこを加える納豆の味噌汁。生姜をプラスすると、すっきりと飲みやすく、お酒を飲んだあとにもおすすめですよ。納豆味噌汁の独特のクセが気になるときは、ネギの代わりに三つ葉を入れると香りが良くなりますよ。

3. たたき納豆味噌汁

納豆、オクラ、なめこを包丁でたたいて作る味噌汁です。納豆はペースト状にするのではなく、ある程度粒が残っていても構いませんよ。お好みでネギや七味をトッピングして食べましょう。ほうれん草や小松菜を加えると、彩りがよくなりますね。

4. ネギが甘い!炒めネギ入り納豆味噌汁

風邪気味の人にぜひ食べてもらいたい!長ネギをごま油で炒め、たっぷりと入れる味噌汁です。ネギはトロッとするまで炒めるのがポイントです。細かく刻んだ納豆を味噌汁に入れることで、納豆が苦手な方も抵抗なくいただけ、お子様も飲みやすくなります。市販のひきわり納豆を使うと刻む工程を省くことができます。

5. 韓国風に!じゃがいも納豆汁のテンジャンチゲ風

韓国の伝統的な調味料、テンジャンを使う納豆汁です。テンジャンは味噌よりも香りが強く、沸騰してからも風味が飛びにくいのが特徴です。お好みで調味料を加えたりアレンジするのもよいですよ。

特集

FEATURE CONTENTS