つるつるモチモチ!人気のきしめんレシピ14選【煮込み・汁なし・パスタ風】

きしめんは、冷たく食べても温かく食べてもおいしく、その形状の食べやすさから地域を問わずに人気があります。和風だけの食べ方ではもったいない!今回は洋風でもおいしい「きしめん」の食べ方を含めたレシピをご紹介します。

2018年11月4日 更新

2. カルグクス 韓国風アサリうどん

市販の「うどんだし」の素に、千切りしたズッキーニ、あさり、ねぎを入れてよく出汁を出します。きしめんを加え、よく火を通したら塩で味を調えて完成です。出汁と醤油ベースのうどんだしに、あさりのうまみを凝縮したスープは、飲み干したくなるほどの仕上がりになりますよ。

3. パルミジャーノレッジャーノ梅きしめん

ボールに、パルミジャーノチーズ、しらす、白だし、梅を加えてよく混ぜ合わせておきます。さっと茹でたきしめんをざるにあげて、あらかじめ混ぜ合わせたベースに和えて完成です。きしめんの形状にしっかりチーズが絡みます。しらすのうまみと梅のさっぱり食感で口当たりが豊かに食べられますよ。おひとりさまのランチに手早く作って食べたいですね。

4. もずくとトマトのサンラーきしめん

細粒スープの素や醤油をべースとしてお鍋にスープを作ります。味付きもずく、きしめんなどを入れて溶き卵を入れ、最後に黒酢をたらし、完成です。味付きもずくで簡単に酸辣湯風の仕上がりに。黒酢で本格的な味わいになるので、酸辣湯ファンの方にはうってつけの1品です。

5. みそ煮込みうどん鍋

チキンブイヨンを入れた鍋に味噌を溶かしてベースを作り、きしめんを入れます。豚肉、お野菜をたっぷり入れてよく煮込んで完成です。お野菜やお肉を同時に摂れるので大勢でのパーティなどに重宝しそうなレシピですね。全体的にお野菜も柔らかく仕上げて、小さいお子様へのとりわけにもおすすめです。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう