ミシュラン星付きの店が初公開!名物「黒チャーハン」のレシピ

こんなに真っ黒な色をしたチャーハン、見たことあります?実はこれ、ミシュランガイド東京2017で1ツ星を獲得している、東京・麻布十番の中国料理店「富麗華(ふれいか)」の名物なんです。今回はそんな名店の名物チャーハンのレシピをご紹介します!

2018年1月20日 更新

ミシュラン星付きの店が初公開!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
こんなに真っ黒な色をしたチャーハン、見たことあります? 実はこれ、ミシュランガイド東京2017で1ツ星を獲得している、東京・麻布十番の中国料理店<富麗華(ふれいか)>の名物なんです。見た目からは想像できない美味しさに、一度食べるとハマってしまう人が続出!
今回、その謎に迫りつつ、なんとメディア初公開となるレシピも教えてもらいました。

黒い色の秘密は、香り高い「中国たまりしょうゆ」

「中国たまりしょうゆとは、広東省名産で現地では老抽(ラオチュウ)と呼ばれる調味料のことです。大豆で作った濃口しょうゆにカラメルを加えているので、とろみがあって色はかなり濃いめ。でも、塩気はおだやかで甘みとコクが強く、加熱すると香りがぐっと立つのが特徴です」
そう教えてくれたのは<富麗華>料理長の雷益進(ライ・イージン)さん。
黒チャーハンの正式名は「牛肉と松の実入り たまり醤油のチャーハン」。初めて見た人は「これって、ひき肉炒め?」「真っ黒だけど、しょっぱくないの?」と訝しげな表情になるそうですが、食べれば一変!
「卵黄を3個も使ってふんわりとご飯一粒一粒にコーティングさせながら、パラパラに仕上げています。牛肉の脂や玉ねぎの甘みとコクの中に、松の実の食感がアクセントになっているんです」
今回、特別にその作り方を教えてもらいました。

メディア初公開! 富麗華の名物「黒チャーハン」のレシピ

材料(1~2人分)

冷やご飯…300g 
※炊いたご飯をバットに広げて粗熱をとり、ラップをかけて冷蔵庫で一晩休ませたもの
牛ひき肉…30g
玉ねぎのみじん切り…1/6個分(30g)
卵黄… 3個
<調味料>
中国たまりしょうゆ…大さじ1 
しょうゆ…小さじ1
砂糖…小さじ1
白こしょう…少々
サラダ油 …大さじ1と2/3 
万能ねぎ(小口切り)…4本分(10g)
松の実(多めの油でさっと揚げる)…大さじ1と1/2(15g)
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_repro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう