ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

ゴーヤとサバ缶でおつまみサラダ♩

ゴーヤのほろ苦さを生かしたサラダは、おつまみにももってこい!特に、ツナ缶とマヨネーズで和えるゴーヤサラダは定番ですが、たまには違う味のサラダも食べたくなりませんか?今回は、ゴーヤとサバ缶を使った和風サラダのご紹介。気軽に青魚も摂取できるので、おつまみや献立のひとつとしてもオススメですよ。

「ゴーヤとサバ缶の和風サラダ」の作り方

Photo by miki_maeda

分量(4人分)

ゴーヤ 1本  サバ缶 1缶 玉ねぎ 1/4 かつお節 適量 A 醤油 大さじ1 A みりん 小さじ1 A ごま油 小さじ1 A レモン汁 小さじ1/2 【ゴーヤの下処理】 塩 小さじ1 砂糖 小さじ1

作り方

①ゴーヤを縦半分に切り、種とワタを取り除く。
②5mm程度の厚さに切る。
③下処理用の塩・砂糖をもみこんで、10分置く。
砂糖と塩でもみこむと、苦みが身から外へでていきます。しっかり時間を置くのがポイントです。
④玉ねぎは薄くスライスし、水にさらしておく。
⑤ゴーヤは水洗いせずそのまま、沸騰したお湯でさっと湯がく。
湯がく時間は短くてOK。10秒ほど入れて、ゴーヤが温まれば充分です。
⑥流水にさらして粗熱を取る。
⑦ザルにあけて、しっかり水気を切る。
⑧玉ねぎもザルにあけ、手で絞って水気を切る。
味付けが水っぽくならないように、ゴーヤと玉ねぎはしっかり水気を切りましょう。
⑨Aを混ぜて電子レンジ等で加熱し、みりんのアルコールを飛ばす。
アルコールを飛ばすほか、加熱することで調味料ごとの味馴染みをよくします。
⑩サバ缶は汁気を切り、軽くほぐす。
⑪ボウルにゴーヤ、玉ねぎ、サバ缶、A、かつお節を加えて混ぜる。

器によそって、できあがり!

ごろっとジューシーな身が入っているので、食べ応えバツグン。ゴーヤは苦み取りをして、下茹でをするとカサが減ります。レモン醤油でサッパリ仕上げているので食べやすく、ゴーヤを丸々使っても、案外ペロリといけちゃいます。 ゴーヤの苦みを緩和するために、サバ缶やかつお節の旨味をプラスするのがポイントです。玉ねぎのシャキシャキとした歯ざわりも、飽きのこないアクセントに!お酒の味を邪魔しない品のある味で、小料理屋のつきだしや小鉢を連想させます。日本酒や焼酎とあわせてどうぞ!
Photos:1枚
ゴーヤとサバ缶の和風サラダ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS