レモンシロップの人気アレンジ3選

1. 差し入れに。はちみつレモン

疲れたときに食べたいはちみつレモン。まろやかな口当たりなのでそのまま食べてもおいしいですよ。ソーダや紅茶で割ってドリンクとして楽しんだり、ケーキやアイスクリームに入れたりしてもよいですね。

2. 変わり種。オレンジとレモンのはちみつ漬け

オレンジとレモンをたっぷり使う砂糖漬けです。レモンの酸味をやわらかくしたい方は、こちらがおすすめ。オレンジの甘味とレモンの酸味のバランスが絶妙。レモンやオレンジの輪切りを見せて瓶に入れると、キッチンのインテリアとしても映えますね。

3. 温まる。しょうが入りはちみつレモン

はちみつのレモン漬けにしょうがを加えて、スパイシーに仕上げます。寒い時期にはお湯割りに、暑い時期は炭酸で割って飲むのもおいしいですよ。飲んだあとは体がぽかぽかと温まるのでリラックスできますね。

レモンシロップを使う人気アイデアレシピ3選

1. スカッとさわやか。梅入りレモネード

レモンシロップを水で割るレモネードのレシピ。レモンと凍らせた梅を一緒に浸けることで、酸味が増し、元気が出てくる味わいに。注ぐ際にははちみつレモンと、お好みのハーブを一緒に入れると、見た目もおしゃれになりますね。

2. 簡単アレンジ。杏仁豆腐のレモンシロップかけ

白色と黄色のコントラストがなんとも美しい杏仁豆腐です。まろやかでやさしい甘さの杏仁豆腐と爽やかな酸味のレモンの相性は抜群ですよ。レモンの砂糖漬けを作っておけば上にトッピングするだけでできてしまう、お手軽レシピですね。

3. ふわふわしっとり。レモンパウンドケーキ

ふわふわ食感のレモンパウンドケーキのレシピです。生地にはちみつレモンの漬け汁を加えるので、焼き上がりはしっとり。ひと口食べればレモンの香りが豊かに広がりますよ。お気に入りのドリンクと一緒にどうぞ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ