電子レンジでラクチン調理も♩

Photo by kii

電子レンジでも簡単にドライカレーは作れます♩ 電子レンジで調理する際は、にんにくやしょうがは香りが飛びやすいので、あとから加えましょう。また、仕上げはラップをせずに水分を飛ばすのがポイントです。 短時間で作りたい場合は、人参と玉ねぎをみじん切りにするとよいですよ。加熱時間は、ひきにく、人参、玉ねぎを600Wで3分加熱した後、カレールー、にんにく、しょうがを加えて600Wで2分が目安です。

材料(2人分)

Photo by kii

・豚ひき肉       100g ・玉ねぎ        1/4本 ・人参         1/4本 ・カレールー      2かけ ・にんにく(チューブ) 小さじ1 ・しょうが(チューブ) 小さじ1

作り方

Photo by kii

1. 人参と玉ねぎを0.5cm角の角切りにします。 2. ひき肉、人参、玉ねぎを耐熱容器に入れて混ぜ合わせます。 3. ふんわりとラップをして、600Wの電子レンジので5分加熱します。 4. カレールー、にんにく、しょうがを加えます。ルーを加熱した熱と材料から出てきた水分で溶かします。ルーが全部溶けて一体になるまで混ぜ合わせます。 ※はじめの加熱からルーを加えてしまうと、スパイシーな香りが飛んでしまうので、この段階で入れます。 5. 600Wの電子レンジでボウルにラップをせずに、さらに3分加熱します。 6. 全体をかき混ぜて完成!

20分で完成!簡単ドライカレーレシピ10選

1. サバ缶を使って10分!トマトドライカレー

ヘルシー志向の方におすすめがこちら。脂質やカロリーが多いカレールーではなく、カレー粉を使います。たんぱく質が、お魚と大豆なのも嬉しいです。 さば、ミックスビーンズ、トマトは缶詰を使うので、下ごしらえいらずでラクチン。玉ねぎはすりおろして使うので、加熱時間が少なくても甘さがでます。

2. レンジで時短!簡単ドライカレー

甘さがでるまで炒めるのが大変な玉ねぎは、レンジで加熱することで時短♩フライパンで炒める時間は少なくすみます。 食欲を刺激するスパイシーな香りの秘密は、スパイスを6種類も使っているから。作り方は炒めていくだけで、調理時間も20分以内……材料さえ用意すれば、手軽に本格的な味を楽しめます。

3. 市販のルーで簡単ドライカレー

何種類もスパイスを用意するのは大変……そんなときは市販のカレールーの力を借りましょう!スパイスが調合されているから、簡単に味付けができます。 こちらのレシピは、使っている材料も味付けもシンプル。とても親しみやすい味なので、手軽なおもてなしにも◎

編集部のおすすめ