野菜と絶妙コラボ!バーニャカウダソースの基本レシピ&アレンジ5選

いろいろな野菜をソースにつけて食べる「バーニャカウダ」。夏も冬も楽しめる、手軽なサイドメニューです。今回は、材料4つでできる基本ソースの作り方から、簡単アレンジソースを5選紹介します。ちょっと風味を変えれば飽きのこないメニューになりますよ。

2018年11月5日 更新

バーニャカウダソースの基本レシピ

バーニャカウダソース

Photo by koku_koku

まずは自宅で簡単にできるバーニャカウダに挑戦してみましょう。材料もたったの4つで完成します。

にんにくの臭みを取りながら濃厚に仕上げるソースで野菜を取る手が止まりません!もちろん、温野菜でも生野菜でもどんな野菜でもおいしいですよ。

材料(3〜4人分)

バーニャカウダソースの材料

Photo by koku_koku

・にんにく……4〜5かけ(1房分)
・アンチョビ……60g程度
・牛乳……100cc
・オリーブオイル……大さじ4~5

※そのほか、分離防止の水が少量入ります。

作り方

1. にんにくは皮をむき、半分に切ります

1. にんにくは皮をむき、半分に切ります

Photo by koku_koku

中の芽が胸やけやげっぷのもとになってしまうので、必ず取り除いておきましょう。

2. 鍋に牛乳とにんにくを入れ、ひたひたの状態から弱火でじっくり火を通す

2. 鍋に牛乳とにんにくを入れ、ひたひたの状態から弱火でじっくり火を通す

Photo by koku_koku

火を強めてしまうと焦げてしまうので気を付けましょう。皮つきのままトースターで数分焼くと早く中まで火が通ります。

もちろんその方法でおいしくできますが、牛乳で煮るとニンニクの臭みが消えるメリットも。弱火で煮ると火が通るまでに時間がかかりますが、こちらはとてもおすすめな方法です。

3. 火を通したらニンニクだけ取り出して写真のように潰す

3. 火を通したらニンニクだけ取り出して写真のように潰す

Photo by koku_koku

フライパンにオリーブオイルとアンチョビを缶(もしくは瓶)をオイルごと入れて、油をあたためながらアンチョビをほぐす。

アンチョビがほぐれたらつぶしたニンニクと牛乳、水を大さじ3ほど入れる。

4. ミキサーにかけ、とろみがついたら完成

4. ミキサーにかけ、とろみがついたら完成

Photo by koku_koku

オイルと牛乳は分離しやすいので、うまくオイルを乳化させるためにはミキサーやブレンダーで素早く混ぜるのがおすすめ。ミキサーにかけるととろみのあるソースになり、オイルと牛乳がうまく混ざる。とろみがしっかりついたら完成!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう