ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

アヒージョ鍋を選ぶときのポイント

まずは自分の好みに合った鍋の材質を選ぶ

本格派にこだわるなら!陶器製

本場スペインではアヒージョを作るときに、「カスエラ」と呼ばれる陶器製の鍋を使用します。丸くてやや浅めの小さな器で、日本では持ち手付きが多いですが、現地では持ち手なしが一般的。陶器は熱伝導率が低いため熱くなると冷めにくく、保温性に優れているのが一番の特徴です。

保温性と機能性で選ぶ!磁器製

粘土で作る陶器に対して、石粉を原料にした磁器製のアヒージョ鍋も人気です。陶器の優れた保温性はそのままに、硬くて耐熱性が高く、水を通さない透明感のある質感が特徴。そのため陶器と比べて取り扱いが楽ですが、やはりワレモノですので落としたりしないよう注意してください。

調理のスピードと丈夫さ!鉄製

鉄製鍋の一番のメリットは、なんといっても熱伝導性に優れていること。火にかければすぐに熱くなり、調理もスピーディーにこなせるうえ、落としても割れる心配がありません。しかし熱伝導率が高いゆえに冷めるのも早く、鋳物やホーロー加工されたものは重いのがデメリットです。

キッチンの加熱方式に合っているものを選ぶ

陶器と磁器、鉄製などの材質に関係なく、ほとんどの鍋がガスコンロや直火に対応しています。IHコンロに対応しているのは鉄製が大半で、陶器や磁器は対応していません。

IH対応の磁器もありますが、IH機器メーカーが陶磁器をNGとしている場合が多いようです。オーブンや電子レンジ、食洗器への対応も選択基準になりますね。

家族の人数や使い勝手に合ったサイズを選ぶ

鍋を選ぶうえでサイズも大事な要素。家族がいてもひとり分ずつがいいという家庭や、大きな鍋を家族で囲むなど、生活スタイルによっても変わります。ひとりで楽しむなら口径が10~13cmまで、2~3人なら13~15cmくらい、さらに大勢のときは17cm以上のものがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS