油なしの茹で焼き

フライパンにウインナーを並べ、3分の1くらい浸る程度に水を入れます。後は中火から強火でしっかりと水を飛ばせばできあがり。この方法は、切れ目を入れないのがポイントです。ボイルすることでしっかりと中に火が通ります。
▼ウインナーは茹で方も重要なんです!

オーブントースターで焼く方法

ウインナーを焦がしたくないときは、オーブントースターで焼くという方法があります。ウインナーを好みの飾り切りにすると、きれいに焼きあがりますよ。 やり方は簡単、1000wのオーブンで3〜4分、しっかり焼くだけ。他のおかずと一緒に焼くと時間の節約になって、調理がスムーズになりますよ。ウインナーに焦げを作りたくないときに試してみましょう。

冷凍ウインナーの上手な焼き方

冷凍したウインナーも上手に焼くことでおいしく仕上がります。基本はサラダ油で焼くだけです。好みによって塩コショウで味付けをしましょう。ウインナーと一緒に他の食材を炒めれば、それだけで一品完成しちゃいますね。 そのほか、調理後にウインナーを冷凍する方法もあります。おいしく食べられるだけでなく、作り置きもできてとっても便利ですよ。 ウインナーによく火が通ったら、焼き肉のタレなどで味付けをします。そして、タッパーに入れて冷凍します。使うときは、解凍するだけ。お弁当に利用するなら、冷凍は小さく小分けにしたほうが使い勝手がいいですね。 ポイントは、ウインナーを細切りにすること。解凍しやすくなり、とっても便利、解凍後にはパリッと感が味わえますよ。
▼ウインナーの冷凍方法についてもっと知りたい方は、こちら!

大好きなウインナーをおいしく食べたい

お弁当のおかずの定番、ウインナー。主役にもなるウインナーは食卓を彩ります。ウインナーは幅広い世代が好きな食材なので、これまで以上においしく焼けば家族にも喜ばれるでしょう。 ご紹介したように、冷凍ストックする以外、油は使いません。火の通りをよくするために油を使いたいところですが、ウインナーは油分が多いので油なしでもおいしく食べられます。 もちろん、ボイルするだけでも十分なのですが、皮のパリッと感を出すために、フライパンで焼くとおいしく仕上がります。時間をかけ過ぎると固くなってしまうので、注意が必要でした。 ゆで加減と焼き加減にこだわり、おいしく仕上げたいですね。お好みの加減を探して、自分なりのウインナーレシピを完成させてくださいね。
▼こんな方法でもウインナーを楽しんでみて!

特集

FEATURE CONTENTS