ウインナーは用途ごとに冷凍で保存!時短レシピやお弁当に大活躍

毎日の朝食やお子さんのお弁当に欠かすことのできない食材、ウインナー。お値段が安くなった時に買いだめをしたものの、使い切れずに賞味期限が間近!という経験はありませんか?今回は捨てずに上手に冷凍保存し、おいしく解凍するポイントをご紹介します。

2018年12月4日 更新

ウインナーは冷凍保存できる?

お子さんのお弁当のおかずに、朝ご飯の一品に、味のアクセントにと何かと便利なウインナーは冷蔵庫の常備品の代表格ではないでしょうか。ですが、高価なものも多い為、安く売られているのを見つた際には、ついまとめて買ってしまい、賞味期限を切らしてしまった……なんてこともあるのでは。
ウインナーはソーセージの一種ですが、ソーセージやベーコンのような食肉加工品は、そもそも保存食として作られています。そのため、元来は塩漬けにしたり、強めのスモークでつくるなど、長持ちするように配慮されています。健康志向の風潮もあり、薄味のものや、スモークがかかっていないものなど、昔に比べると日持ちしないものも増えました。
スーパーで売られている一般的な袋詰めウインナーは、未開封の状態であれば、4℃以下の冷蔵で約1ヶ月程度保存可能と言われています。一方、手作りウインナーの場合は、製造過程なども異なるため、保存期間が短くなっており、15日程度に設定されている場合もあれば、数日しか保たないものもあります。
どちらであっても、一度開封すると酸素に触れてしまい細菌が繁殖しやすくなりますので、なるべく早めに食べ切る必要があります。とはいえ、大量に買ったウインナーを一度に消費するのはなかなか難しいもの。食べ続けても飽きてしまいますしね……。そのような場合には、冷凍保存をしましょう。
メーカーによっては本来の味が損なわれるからとおすすめしていない場合もありますが、開封後にウインナーを長く保存しておくには、冷蔵保存よりも冷凍保存の方が日持ちさせられます。 では、冷凍保存の場合はどのぐらいの日持ちがするのか? おいしく冷凍するコツや解凍時のコツは? 気になるポイントをご紹介します。

ウインナーを冷凍保存する方法

それでは、ウインナーを冷凍保存する際の方法をいくつかご紹介します。用途によって使い分けてみてくださいね。

小分けにする

パッケージされたウインナーを買ってきた状態のまま冷凍できれば楽チンですが、袋のまま冷凍してしまうとにおい移りし、冷凍焼けしやすいためおすすめしません。また、ひと袋を一度に使い切らない場合、袋を開けるたびにウインナーが空気に触れ、酸化を早めます。1回分ごと小分けにし、フリーザーバックなどに入れて、しっかり空気を抜き、冷凍した方がおいしさを保って保存することができます。

ラップでくるむ

フリーザーバックがない場合には、ぴっちりとラップでくるんでから冷凍してもよいですよ。ウインナーをラップで密閉し酸素に触れないようにすることで、肉の酸化による品質低下を防ぐことができます。ウインナーはなるだけ平に並べて、厚みを出さないことで、急速に冷凍ができます。一気に凍らせることにより、鮮度を保って冷凍することができます。金属製のトレーを下に敷くと、急速冷凍ができますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう